GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子ヒュンダイトーナメント・オブ・チャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

ヒュンダイトーナメント・オブ・チャンピオンズ
期間:01/06~01/09  場所: プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)

R.ガリガスが10打伸ばして単独首位に浮上!

順位 選手名 通算 合計
1 R.ガリガス -14 132
2 C.ペターソン -13 133
3 J.バード -12 134
4 E.エルス -10 136
4 S.ストリッカー -10 136
4 F.モリナリ -10 136
4 J.フューリック -10 136
8 D.ジョンソン -9 137
8 B.クレイン -9 137
10 I.ポールター -8 138

スコア詳細を見る

2011年 ヒュンダイトーナメント・オブ・チャンピオンズ 2日目 ロバート・ガリガス
「63」の猛チャージで10ストローク伸ばし、単独首位に浮上したロバート・ガリガス(Sam Greenwood/Getty Images)【拡大写真】

ハワイ州マウイ島にあるプランテーションコースatカパルアで行われている、米国男子ツアー2011年の開幕戦「ヒュンダイトーナメント・オブ・チャンピオンズ」の2日目。4アンダー7位タイからスタートしたロバート・ガリガスが、10ストローク伸ばす63をマーク。通算14アンダーの単独首位に浮上した。

3番から4連続バーディを奪ったガリガスは、10番、12番もバーディ。そして16番の365ヤード、パー4ではティショットで319ヤード先のフェアウェイを捉えると、2打目を直接カップイン。チップインイーグルを奪い、その勢いのまま17番、18番と上がり2ホールも連続バーディで締めくくった。

首位と1打差の通算13アンダー単独2位は、スウェーデンのカール・ペターソン。初日は7アンダーの首位タイにつけ、この日も6ストローク伸ばして開幕戦から安定したゴルフを披露している。さらに1打差の通算12アンダー単独3位には、同じく首位タイからスタートしたジョナサン・バード

そして通算10アンダー4位タイには、スティーブ・ストリッカーと南アフリカのアーニー・エルスの2人が並んでいる。今週、エルスの地元・南アフリカでは欧州ツアーも開催されているが、今年も南国ハワイでの米国ツアーで順調に順位を上げてきた。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?