GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

旅人ゴルファー・川村昌弘の「いま僕はココにいます」Vol.18

2017/09/14 11:25

前週の「オメガ・ヨーロピアン・マスターズ」。スイスでは高校時代の後輩にキャディをお願いしました。

人は彼のことを“旅人ゴルファー”と呼ぶ。川村昌弘・24歳。2012年のプロデビューから5年間で巡った国の数は20以上。活躍の場は日本だけでなく、ユーラシア大陸全土、そのまた海の向こうにも及ぶ。世界を旅することこそが、幼い頃からの夢だった。傍らにはキャディバッグと小さなスーツケース。ゴルフで旅する渡り鳥の経路を追っていこう。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

プロゴルファーの川村昌弘です。
いま僕は、クラン・モンタナから日本に帰ってきました。

旅好きになった原点ともいえるスイスでの試合、欧州とアジアンツアーの共催試合「オメガ・ヨーロピアン・マスターズ」は予選落ちに終わりました。思い入れの強い試合だっただけに残念な結果になりましたが、シーズンはまだ続きます。14歳のときに見た景色をまた胸に刻んで、ぜひ戻ってきたいと思います。

今回はクラン・モンタナについて改めて記したいと思います。標高1500mの高地にある会場のクランスシュルシエレGCでは今年、大会が71回目の開催となりました。これは「マスターズ」の舞台、オーガスタナショナルGC(米ジョージア州)の81回に次いで、同一大会を世界で2番目に多く行っていることになるんです。

スイスのクラン・モンタナの街並みです。きれいな写真がカンタンに?撮れちゃう

冬はスキー、夏場はゴルフが盛んなこの地域では期間中、街全体が選手を歓迎し、大会を盛り上げてくれます。何十階建てといった大きなビルがないため、各選手は様々なホテルに宿泊します。ラウンドを終えると、パブやレストランで、コースで会ったスタッフや関係者と再び顔を合わせることに。ローカルな空気を存分に楽しめる、こんな雰囲気が僕は大好きなんです。

ちなみにホテルのお値段はとても高くて…今回はキャディを務めてくれた福井工大福井高時代の後輩、ロンドン在住の金井兼信くんと同部屋に宿泊しました。それでも1泊約3万円するんですから…。

遠征を終えて僕はいったん、日本の「ANAオープン」からリスタート。後半戦も頑張りたいと思います。

<今週のランチ>
ヨーロッパらしくチーズフォンデュを食べました。後輩のリクエストもあって…。パンをくりぬいた器が独特。こちらはシャンパンを入れるらしいですが、正直言って日本で食べる方が僕の口には合ったかも。40フラン(約4582円)でした。

ただ今地球二周 旅人ゴルファー

KAWAMURA COUNTER

  • これまでの移動距離
    00
  • 行った国
    00
  • バーディー数
    00

Profile

川村昌弘
川村昌弘(24)Masahiro Kawamura
1993年6月25日・三重県生まれ。5歳の時に父と一緒にゴルフを始め、小学生時代には全国大会の常連選手に。ジョーダン・スピースやジャスティン・トーマスらと出場したフランスでのジュニア大会をきっかけに将来の海外転戦を夢見る。高校卒業後にプロ転向し、2013年に20歳で出場した日本&アジアン共同主管大会「アジアパシフィックパナソニックオープン」でツアー初優勝を飾り、海外進出の足がかりを得た。
川村昌弘選手の略歴・戦績はプロフィールページで

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!

特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?