GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

「成長を実感」メジャーが導いた進化 有村智恵インタビュー vol.3/2010年 海外ツアーを振り返る

2011/01/05 12:32

海外4大メジャーに出場し、すべて予選突破 海外4大メジャーに出場し、すべて予選突破。有村智恵にとって実りの多い経験となった

<恐怖心との戦い>
有村智恵が初めて海外メジャーの舞台を踏んだのが、09年の「全英リコー女子オープン」。なにごとも初挑戦というものは脳裏に深く刻まれるものだが、有村に刻まれたものは“海外メジャーへの恐怖”だったという。

予選2日間で通算19オーバー、カットラインに遠く及ばずに予選落ち。「あれだけ叩いてしまい、すごくネガティブな、苦手意識ができてしまった。海外の試合への恐怖心もあった」。09年オフに徹底して取り組んだ、ショットの球筋やアプローチのバリエーションを増やす練習。これらは全て、すでに出場資格を持つ2010年の海外4大メジャーを見据えてのものだった。

「クラフトナビスコチャンピオンシップ」で 「クラフトナビスコチャンピオンシップ」で海外メジャー初の予選突破&9位フィニッシュ!

<海外メジャー初の予選突破!>
その初戦は、4月に開催された「クラフトナビスコチャンピオンシップ」。オフの練習やトレーニングの方向性は正しかったのか、否か。「今シーズンを左右すると思う」との決意で迎えた一戦で、有村は見事な成績を収める。24位タイで予選突破を果たすと、決勝ラウンドに入ってからも上位争いを続け、最終的に通算3アンダーの単独9位。「初めてメジャーで予選突破できて、4日間を戦えたことは大きな収穫。すごく楽しかった」。何よりも、メジャーに対するアレルギーを解消できたことが一番の成果となった。「私は飛距離が出るほうではないけど、それでも世界で戦えるという自信がついた」。有村にとって、極めて得るものの多い4日間となった。

その一方、4日間を上位で戦えたことで、世界トップとの差を冷静な目で分析することもできた。「コースが狭いので、飛距離は捨ててとにかくフェアウェイに置ければいい、という感じだった」という有村に対し、「上位の選手たちはすごくアグレッシブに攻めていて、自分のプレーとの大きな違いを感じた」と、強い衝撃を受けた。周囲でプレーする選手たちは、考え方からすでに違っていた。「このコースで、こんな攻め方ができるんだ・・・」。客観的に見て、レベルの違いを痛感したという。その差は、スコアにもはっきりと現れていた。「私の順位は9位だったけど、トップの選手とは10打差も開いていた。この差は、とっても大きく感じた」。現在の自分と、世界との距離を把握すること。最高峰の海外メジャーでしか得られない、貴重な経験となった。

「全英リコー女子オープン」で予選突破を果 「全英リコー女子オープン」で予選突破を果たし、昨年のリベンジを果たした

<全英でリベンジを果たす!>
「そのあとの全米女子オープン、LPGAチャンピオンシップに向けても、良いきっかけになったと思う」。日本ツアーと並行して出場するタイトなスケジュールとなる中、6月の「LPGAチャンピオンシップ」で34位タイ、7月の「全米女子オープン」でも28位タイと、いずれも初出場ながら予選突破を果たす。オフに取り組んだ、海外メジャーに向けてのトレーニング。その方向性は、紛れもなく正しいものだと確信を深めていった。そして、リベンジの舞台となる「全英リコー女子オープン」。初日こそ90位タイと出遅れたものの、2日目に巻き返して24位タイに浮上。見事に予選突破を果たし、最終的に21位タイで4日間の戦いを終えた。「良い一週間を過ごせたし、予選通過を目標としてきた中で、3日目、4日目を戦えたことはすごくプラスになった」。世界との差を痛感した、失意の帰国から1年。「少しだけど、成長を実感できた」。味わった悔しさを向上心へと変え、自身も確信する、1つ上の高みへとステップアップを遂げた。

海外ツアーへの苦手意識も払拭。2011年 海外ツアーへの苦手意識も払拭。2011年も海外で活躍する姿に期待したいところだ

<続く海外ツアーへの挑戦>
2010年は4大メジャー全てで予選突破。メジャー初のトップ10入り、全英でのリベンジなど、明らかな進歩を見せてくれた有村だが、まだまだ理想とするプレーには至らない。「良い位置に行けたといっても、神懸り的なパットが入ったマグレもあった。もう一度トップ10に入らないと、本当の自信にはならないとは思っている」。2011年シーズンで出場が決まっているメジャー戦は、今のところは初戦の「クラフトナビスコチャンピオンシップ」のみ。あとは、世界ランキングの資格等で出場権の獲得を見据える。2011年も、日本と海外の両ツアーで躍進する有村の姿に期待したいところだ。

記事提供元: ゴルフダイジェスト・オンライン

有村智恵インタビュー

有村智恵 戦いの裏側に迫る!

海外ツアー、好成績にも満足せず、2011年を見据えた取り組み。

2010年、有村プロは4月の「クラフトナビスコチャンピオンシップ」から海外初戦を迎えた。2010年は海外の試合には帯同せず、国内からサポートをおこなったウイダートレーニングラボ管理栄養士 山崎圭世子さん。

「とっても不安はありました。栄養はしっかり摂れているだろうか?食事は上手く出来ているだろうか?」その不安の中、少しでも有村プロの支えになるべく、山崎さんは各大会のホテルに前もって有村プロが愛飲しているウイダーinゼリー エネルギーイン、ウイダーinバー プロテインイン等を送ったという。

その中有村プロは、「クラフトナビスコチャンピオンシップ」では単独9位とベスト10以内フィニッシュ。6月の「LPGAチャンピオンシップ」では34位タイ、7月の「全米女子オープン」では28位タイ、そして「全英リコー女子オープン」では21位タイとすべての試合で予選を突破してみせた。

「テレビを通じて有村プロの頑張りを見ながら色々と心配していましたが、後から有村プロの話を聞くと、こちらから送ったウイダーinゼリー等もうまく摂取しながら、ちゃんと自分で身体のことを考えて栄養補給が出来ていたようです。今年の状況を聞いて、海外ならではの課題もわかってきたので、2011年はより良い状態で海外ツアーに挑めるように、しっかりと準備をしてサポートを行っていきたいですね。」と山崎さんはいう。

ウイダーのさらなるサポートを受けて、食事面・栄養面においての不安を払拭すべく臨む2011年、有村プロの海外での結果が今から楽しみだ。※2011年は4月の「クラフトナビスコチャンピオンシップ」のみ出場権を獲得(2011年1月5日現在)

有村プロが愛飲するウイダーinゼリー エネルギーイン
すばやいエネルギー補給に(おにぎりおよそ1個分)マスカット味 180kcal


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。