GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

最新ゴルフニュースをお届け

スリクソン Zシリーズに派生モデル「Z565 TG ドライバー」

2017/03/28 07:50

やさしさとアスリート感を両立

「よりつかまる高弾道」をコンセプトとしつつ、フェースとソールにはブラックIP加工が施され、アスリート感も演出している。

ダンロップスポーツ(株)は「スリクソン Zシリーズ ドライバー」の追加スペックとなる「スリクソン Z565 TGドライバー」を4月22日から発売すると発表した。

スリクソンのアスリート感はそのままに、「よりつかまる高弾道」をコンセプトとして開発。従来のスリクソン Zシリーズと比較して、「よりボールが上がる、よりつかまる、より振りぬける」ドライバーとして、「スリクソン Zシリーズ」に新たにラインアップされる。

クラウンのカラーリングを、レギュラーモデル「Z565 ドライバー」の黒からチタングレー(※商品名の「TG」はここに由来)へ変更したことで、ヘッドをより大きく見せ、アドレス時の安心感が得られるという。また、重心距離を約3%短くし、ライ角も初期出荷時にプラス2度(STD URポジション)に設定。加えてヘッド重量を2g軽量化することにより振りぬきが向上し、よりボールをつかまえやすい設計となっている。

40グラム台後半に設定された新開発軽量シャフトは、トルクも5.7(Sシャフト)と従来のMiyazakiシャフトに比べて大きく設定されており、より多くのゴルファーに適合するスペックになったとしている。

価格は、税込7万3440円(税抜6万8000円)。問い合わせは、ダンロップスポーツ(株) お客様専用フリーダイヤル、0120-65-3045。