GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子雪印レディース東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

李英美の勝利。通算8勝目

順位 選手名 通算 合計
1 イ・ヨン・ミ -11 205
2 不動裕理 -8 208
2 曽秀鳳 -8 208
4 坂上晴美 -7 209
4 大場美智恵 -7 209
6 城戸富貴 -6 210
7 肥後かおり -5 211
7 安井純子 -5 211
7 黄玉珍 -5 211
7 小野香子 -5 211

スコア詳細を見る

雪印レディス東海クラシック最終日。優勝は韓国の李英美。3日間を70・68・67と調子を上げてトータル11アンダー、2位に3打差をつけての勝利となった。2位には不動裕理曽秀鳳の2人。昨年優勝の肥後かおりは7位だった。

7バーディ、2ボギーの李英美が今季初優勝を飾った。「今日は優勝のことなんて全然考えていませんでした。ベスト5にでも入ればいいかな・・・と」 勝因はペース配分だけ考えてプレーしていたことと言う。「ラッキーも多かったし、キャディさんも良かったからかな」
パッティングが特に好調だった。ほとんどが6~8メートルのパット。これを次々と決めたが、17番が終わるまで優勝はまったく意識していなかった。前日6アンダー4位からのスタート。「優勝争いをしているような位置にいなかったのが一番良かった。トップと僅差だったら緊張していたかも知れませんが、5打差もあったから。でも、良かったです。今後も頑張ります」

追い上げきれなかった不動裕理は36・35で71。トータル8アンダー2位とした。前日トップ独走状態だった坂上晴美は35・40の75を叩き結局7アンダー4位。またも最終日に崩れてしまい、チャンスを生かせなかった。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。