GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

アンが逆転でメジャー初制覇!桃子はさくらと並び4位タイ

2011年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ 最終日 アン・ソンジュ
昨年の賞金女王が自身初メジャータイトルを獲得し、満面の笑みを浮かべた【拡大写真】
順位 選手名 通算 合計
1 アン・ソンジュ -10 278
2 佐伯三貴 -7 281
2 テレサ・ルー -7 281
4 横峯さくら -6 282
4 上田桃子 -6 282
6 M.プレッセル -5 283
7 辛ヒョンジュ -3 285
8 中田美枝 -2 286
8 李知姫 -2 286
8 服部真夕 -2 286

スコア詳細を見る

茨城県の茨城GC西コースで開催されている、国内女子メジャーの今季初戦「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」の最終日。通算7アンダー単独2位からスタートした韓国のアン・ソンジュが、通算10アンダーまでスコアを伸ばして国内メジャー初制覇を果たした。

2位は通算7アンダーの佐伯三貴テレサ・ルー(台湾)の2人。通算8アンダー単独首位で最終日を迎えた上田桃子は、スコアを2つ落して通算6アンダー。横峯さくらと並び4位タイに終わった。また通算8オーバーでスタートした宮里藍は、最終日もスコアを伸ばせず通算10オーバー49位で4日間の戦いを終えた。

<アン・ソンジュ、初メジャー制覇&賞金ランク首位浮上!>

通算7アンダー、首位の上田桃子を1打差で追い掛けてスタートしたアン・ソンジュは、「朝からとっても緊張していた」というものの、1番で1mにつけてバーディ発進。3番パー5でも3打目をバックスピンで2mにつけてバーディを奪い、早々に上田を首位の座から引きずり下ろした。

2011年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ 最終日 上田桃子
単独首位からスタートした上田桃子だったが、気負いが邪魔をしスコアを落とした【拡大写真】

しかし、6番でパーパットの前に携帯電話で2度の仕切り直しを強いられるとこれを決められずにボギーとする。「その方はマナーモードにするのを忘れたんだと思ったら許すことが出来たし、落ち着くことが出来た」というソンジュだが、8番もボギーとし前半を7アンダーで折り返した。

一方で、通算8アンダーの単独首位からスタートした上田桃子は、4番の第2打をグリーン奥に外すと、アプローチもミスしてボギーとしてしまう。ショットの距離感に「迷いが出てしまった」と、その後は積極的に攻めることが出来ずに、7番、9番、10番とボギーを重ね、優勝戦線から脱落した。

2011年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ 最終日 佐伯三貴
首位に迫るプレーを見せ、2位タイに入った佐伯三貴【拡大写真】

終盤、ソンジュに追いすがったのは、4位からスタートした佐伯三貴。前半はパープレーで折り返したが、後半は14番までに2つスコアを伸ばして通算7アンダーとする。しかし、残り4ホールでバーディを奪うことが出来ずに、「悔しいです。本当にもったいない」と最後のひと伸び及ばなかったことに唇を噛んだ。また、最終組で回ったテレサ・ルーも12番までスコアカード通りのプレーを続けると、15番、17番とバーディで追い込んで通算7アンダーの2位タイに滑り込んだ。

結局、14番からの残り5ホールで3バーディを奪ったソンジュが、2位に3打差をつける通算10アンダーでの逆転V。昨年の賞金女王が自身初のメジャータイトルを獲得し、「とっても嬉しい。茨城に住んでいる方々にとって少しでも勇気になれば幸いです」と喜びと共に、被災者への配慮も見せた。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。