GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

上田桃子、アン・ソンジュが首位タイに浮上!有村は4打差

順位 選手名 通算 合計
1 アン・ソンジュ -6 138
1 上田桃子 -6 138
3 テレサ・ルー -5 139
4 服部真夕 -4 140
5 イ・ボミ -3 141
5 木戸愛 -3 141
7 有村智恵 -2 142
7 不動裕理 -2 142
7 T.ダーディン -2 142
10 佐伯三貴 -1 143

スコア詳細を見る

2011年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ 2日目 上田桃子
2日続けての好プレー!悲願のメジャー制覇へ突き進む上田桃子【拡大写真】

国内女子メジャーの今季初戦「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」は6日(木)、茨城GC西コースで第2ラウンド。2アンダーの2位タイからスタートした上田桃子が5バーディ、1ボギーの「68」で回り通算6アンダーとして、昨年度の賞金女王アン・ソンジュ(韓国)と並んでトップタイに浮上した。

1打差の3位は台湾のテレサ・ルー。さらに1打差の通算4アンダーの4位には服部真夕が続いた。初日首位の不動裕理は「73」で後退し、この日「67」をマークした有村智恵らと並んで通算2アンダーの7位タイとなっている。

宮里美香は通算2オーバーの31位タイ、宮里藍横峯さくらはともに通算3オーバーの34位タイで決勝ラウンド進出を果たした。

<上田桃子とアン・ソンジュが首位に並ぶ>

初日を終え2位タイと好位置につけた上田桃子が、午前スタートとなった2日目に5バーディ1ボギーの「68」とスコアを伸ばし、通算6アンダーとして首位タイに浮上。「昨日よりチャンスを逃したけど、すごく良いパットも決まってくれました」と、笑みを浮かべた。

上田にとってメジャータイトルは未だ届かぬ悲願。「これまで5年出てきたけど、気持ちの浮き沈みが課題で、それがメジャーで優勝争い出来なかった要因だと思う」と自己分析。「今日は平らな気持ちでプレーしました。チャンスが入っても外れてもゼロの気持ちで」と、心に波を作らずに淡々と目の前の一打に集中した。

同じく首位に並ぶのは、5バーディノーボギーと完璧なゴルフを見せた昨年の賞金女王、アン・ソンジュ。「昨日はもったいないところもあったけど、今日はそういうのは無く自分の中でも完璧なプレーでした」と、こちらも初のメジャータイトルへ向け、好位置で決勝ラウンドを迎える。

2011年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ 2日目 木戸愛
上田桃子の妹分。先輩との優勝争いは、「約束はしてないけど、そうなったらいいな」と木戸愛【拡大写真】

<フレッシュな上位陣>

首位の二人を追うのは、通算5アンダーのテレサ・ルー。昨年まで日米ツアーを掛け持ちしていたルーは、今年はほぼ日本ツアーに専念する。続くのは通算4アンダーの服部真夕。さらに通算3アンダーでは昨年の韓国女子ツアーの賞金女王イ・ボミと、今年がプロ4年目の木戸愛というフレッシュな選手達が上位に食い込んでいる。

2011年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ 2日目 宮里藍
終盤の2バーディで予選通過を決めた宮里藍。「正直、ほっとしました」と安堵の表情【拡大写真】

<人気選手は明暗が分かれる>

この日、5バーディノーボギーとスコアを伸ばした有村智恵は、初日の41位タイから7位タイへとジャンプアップ。首位スタートながら、1つスコアを落とした不動裕理らと並んでいる。

一方で、12番から3連続ボギーで予選落ちの危機に瀕した宮里藍は、終盤の16番、17番とバーディを取り返して通算3オーバーでフィニッシュ。横峯さくららと並び、カットライン(4オーバー)ギリギリでの予選通過を決めている。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。