GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子 Philip Morris Championshipの最新ゴルフニュースをお届け

初日は鈴木亨、6アンダー首位!

順位 選手名 通算 合計
1 鈴木亨 -6 66
2 田中秀道 -5 67
2 丸山茂樹 -5 67
2 横尾要 -5 67
2 佐藤信人 -5 67
2 D.チャンド -5 67
2 尾崎健夫 -5 67
2 D.イシイ -5 67
9 C.フランコ -4 68
9 高橋勝成 -4 68

スコア詳細を見る

今週は兵庫県、ABC CCを舞台にフィリップ・モリス選手権。賞金総額は2億円。優勝賞金は3600万円とビッグなトーナメントだ。

初日の首位に立ったのは鈴木亨。ノーホギーの6バーディ。「今日は1回もグリーンを外していない。100パーセントのパーオンなんて1年を通じてもなかなかあるもんじゃないです」
先週の最終日、奥さんが試合を初めて見にきてくれたという。「どこが悪いのかアドバイスしてもらった。これが効きました」 1回もやったことがないけど、18番 で奥さんを抱きしめてキスしてみたいのだとか。「子供なら、抱いたことあるんですけどね」

田中秀道も5アンダーと出足好調。「腰痛というか筋肉の疲れで先週は62位。今週も腰の痛みはありますが、痛いなんて思ってるといいスコアになりませんから」
丸山茂樹は腎臓結石で体調は絶不調だが、スコアはいい。「とにかくデカい試合が続くから休みたくない。病気っていうより痛いときと痛くないときの差が激しいのがこまるんだよ」 痛いときは泣きそうなほどだという。
横尾要も5アンダー。インで6連続バーディが出た。「プロになって初めてです。ハーフ30というのもプロ2度目。自己最高タイですね」
尾崎健夫はメガネを変えた。「良くなってる。明日もガンバる!」


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?