GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子 住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

首位に尾崎直道、宮瀬など5人

順位 選手名 通算 合計
1 尾崎直道 -6 66
1 加瀬秀樹 -6 66
1 宮瀬博文 -6 66
1 飯合肇 -6 66
1 D.クラーク -6 66
6 尾崎健夫 -5 67
6 川岸良兼 -5 67
6 鈴木亨 -5 67
6 L.ウェストウッド -5 67
10 伊澤利光 -4 68

スコア詳細を見る

ビッグトーナメントのはじまりだ。初出場のエルニーニョ・ガルシアは日本の若手選手、丸山茂樹田中秀道と人気モノの顔合わせ。賞金ランクトップの直道・細川と組むのは今大会を実に3連覇している豪州リー・ウェストウッド。ジャンボはオラサバルとのペアリングとなっている。

好天に恵まれ絶好のゴルフ日よりとなった初日。イーグルを取る選手も続出し、6アンダー首位には、尾崎直道宮瀬博文ダレン・クラークら5人が並んだ。1打差6位には川岸良兼、ウェストウッドほか4人。丸山茂樹横尾要桑原克典は10位グループにつけた。

「長旅の東回りで地球をまわってきたので少し疲れているけど、2~3日で良くなると思うよ」とはS.ガルシア。今日はインからのスタートで前半は1バーディ、後半を2バーディ、2ボギーの1アンダー34位。「ショットが右へ出たホールがあったけど、先週フックが出ていたのでそれに気をつけた結果右へ出た」 惜しいパットが何回もあったガルシア。明日はパットの出来次第で5、6アンダー伸ばしたいという。

6アンダー首位タイとした尾崎直道は、ロンドンから夕方5時の飛行機で日本に着き、火曜日の夕方に現地入りした。「ぶっつけ本番のわりにはいいゴルフが出来ました」 太平洋Cは直道にとってホームコースのような場所。「プレーの仕方が体に染み付いてるから体力温存がいい作戦だと思った」 前日はマッサージと子供と一緒に過ごした。
「昨夜は1時11分に目がさめた。試合前日に眠れないなんてメンタルな面で弱いけど、111で縁起がいいよね。子供にヘボイと言われちゃうけど・・・。明日は一生懸命追いつかれないように完走したい」


特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?