GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

欧州男子イベルドロラオープンの最新ゴルフニュースをお届け

イベルドロラオープン
期間:05/12~05/15  場所: プーラGC(スペイン)

ベテランD.クラークが逆転勝利!C.ウッドは最終日に大トラブル

順位 選手名 通算 合計
1 D.クラーク -6 274
2 D.リン -3 277
2 クリス・ウッド -3 277
4 A.フォーサイス -2 278
5 P.ローリー -1 279
5 G.ストーム -1 279
5 J.M.オラサバル -1 279
5 Sh.ローリー -1 279
9 D.マクグラン 0 280
9 T.アイケン 0 280

スコア詳細を見る

2011年 イベルドロラオープン 最終日 ダレン・クラーク
4打差を逆転!ベテランのD.クラークが3年ぶりとなるツアー通算13勝目を手にした(Julian Finney /Getty Images)【拡大写真】

スペイン・マジョルカにあるプーラGCで行われている欧州男子ツアー第20戦「イベルドロラオープン」の最終日。2位タイからスタートしたダレン・クラーク(北アイルランド)が、4打差を逆転し、通算6アンダーでツアー通算13勝目を手にしている。

クラークは最終日に「69」をマーク。11番でダブルボギーを叩くも、3つのバーディを奪って逆転優勝を飾っている。3日目まで首位をキープしていたクリス・ウッド(イングランド)は、2バーディ、8ボギーと大失速。12番、13番の3パットに加え、15番ティショットをOBとするなど、トラブルの連続だった。ウッドにとって、ツアー初優勝がかかる中で迎えた最終日だったが、42歳のベテランクラークの経験値が勝った一戦となった。

クラークはインタビューで、先日死去したセベ・バレステロスに賛辞を送っている。「セベがいなければ、自分もここにいないし、いまの欧州ツアーもなかった。(中略)彼のホームグラウンドであるこの地で優勝できたことは、本当に光栄です」。

同じく2位タイに続くのは、通算3アンダーでデイビッド・リン(イングランド)。通算2アンダーの単独4位には、アラステア・フォーサイス(スコットランド)、通算1アンダーの5位タイにはポール・ローリー(スコットランド)、ホセ・マリア・オラサバル(スペイン)ら4人が並んだ。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。