GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

ワールドクラシック選手権 at ラグーナ・ナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

ワールドクラシック選手権 at ラグーナ・ナショナル
期間:11/12~11/15  場所: ラグーナ・ナショナルG&CC(シンガポール)

谷昭範が暫定25位に浮上 川村昌弘は暫定106位

2015年 ワールドクラシック選手権 at ラグーナ・ナショナル 2日目 スコット・バー
暫定3位で第2ラウンドを終えたスコット・バー ※画像提供:アジアンツアー【拡大写真】

◇アジアンツアー◇ワールドクラシック選手権 at ラグーナ・ナショナル 2日目◇ラグーナ・ナショナルG&CC(シンガポール)◇パー71

初日に続いて2日目も日没サスペンデッドとなり、144人中約半数の選手がホールアウトできなかった。通算3アンダーの暫定首位に、ともにタイ出身のナティポン・スリトン(11H終了)、チンナラト・ファダンシル(12H終了)の2選手が並んだ。

通算2アンダーの暫定3位に、「71」でホールアウトしたスコット・バー(オーストラリア)。「67」をマークしたニコラス・ファン(マレーシア)と、リンゼイ・レノルズ(カナダ/10H終了)が通算1アンダーの暫定4位に続いている。

日本から4選手が参戦。谷昭範は9ホールを残し、通算3オーバーの暫定25位で最上位。海老根文博は8ホールを残して通算8オーバーの暫定78位、木下稜介は2ホールを残して通算9オーバーの暫定90位、川村昌弘は7ホールを残して通算11オーバーの暫定106位。想定カットラインは6オーバーとなっている。


特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?