GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

フィジーインターナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

フィジーインターナショナル
期間:10/15~10/18  場所: ナタドラベイチャンピオンシップゴルフコース(フィジー)

スポット参戦のクーチャーが首位で最終日へ 地元シンは9打差6位

順位 選手名 通算 合計
1 M.クーチャー -1 215
2 A.プライス +1 217
3 N.カレン +5 221
4 Ry.フォックス +6 222
5 B.シルトン +7 223
6 R.ハラー +8 224
6 V.シン +8 224
6 P.ウィルソン +8 224
6 J.ニティス +8 224
6 S.レイコック +8 224

スコア詳細を見る

◇ワンアジア◇フィジーインターナショナル 3日目◇ナタドラベイチャンピオンシップゴルフコース (フィジー) ◇7068yd(パー72)

通算2オーバーの首位からスタートしたマット・クーチャーが、4バーディ、1ボギーの「69」でプレーして通算1アンダーとし、ただ1人のアンダーパーとして首位をキープした。初日にはカップ脇に止まったボールが強風に押されて入るなど、運も味方につけていたクーチャーが、今週から新シーズンが開幕した米国ツアーからのスポット参戦で優勝に王手をかけた。

通算1オーバーの2位にアーロン・プライス、通算5オーバーの3位にニック・カレンのオーストラリア勢。通算6オーバーの4位にライアン・フォックス、通算7オーバーの5位にブラッド・シルトンのニュージーランド勢が続いた。

米ツアー34勝、うちメジャー3勝を誇る地元フィジーのビジェイ・シンは、4バーディ、3ボギーの「71」をマークし、通算8オーバーの6位。スコット・レイコック(オーストラリア)ら4選手と並び、9打差を追って最終日を迎える。


特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?