GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国女子の最新ゴルフニュースをお届け

野村敏京が7ランク上昇で自己最高17位 コー80週連続首位/女子世界ランキング

野村敏京は世界ランクを17位に上げた (Ray Carlin/Fort Worth Star-Telegram/TNS via Getty Images)

5月1日付の女子ゴルフ世界ランキングが発表され、米ツアー「ボランティア・オブ・アメリカ テキサスLPGAシュートアウト」で通算3勝目を挙げた野村敏京が24位から7ランクアップし、自己最高の17位となった。

世界ランクトップ10では、リディア・コー(ニュージーランド)が80週連続で、世界1位をキープ。2位のユ・ソヨン(韓国)、3位のアリヤ・ジュタヌガン(タイ)、4位のチョン・インジ(韓国)、5位のレキシー・トンプソンまで変動はなかった。

前週7位の朴仁妃(韓国)がフォン・シャンシャン(中国)と入れ替わり、1ランクアップの6位。前週9位のエイミー・ヤン(韓国)がジャン・ハナ(韓国)と入れ替わり、8位に上がった。大会を4位で終えたパク・ソンヒョン(韓国)が2ランクアップして、トップ10に滑り込んだ。

国内ツアー「サイバーエージェントレディス」で優勝したキム・ハヌル(韓国)は前週35位から、6ランクアップの29位。大会2位で終えた鈴木愛は、前週48位から5ランクアップの43位となった。前週をオープンウィークとした笠りつ子が前週42位から3ランクアップの39位で、日本勢2番手につけている。


特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには佐藤耀穗プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?