GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ザ・グリーンブライアークラシック
期間:07/02~07/05  場所: ザ・グリーンブライアー(オールドホワイトTPC)(ウエストヴァージニア州)

驚異のストレブ ウェッジでパットして5バーディ

正規の18番はウェッジでパットして5つめのバーディ奪取!

米国男子ツアー「ザ・グリーンブライアークラシック」で、プレーオフで惜敗して2位に終わったロバート・ストレブだが、そのサンデーバックナインは驚異的だった。

9番グリーンを終え、パターをキャディバッグのそばに「軽く投げた」というストレブだが、バッグの底に当たった衝撃でヘッド付近がポキリと折れた。ルール上、通常のプレー中以外で破損したクラブは、そのラウンド中は使うことも取り替えることも許されない。

「だから、一番真っ直ぐなクラブを使おうと考えて56度のウェッジを選んだ。それで、ウェッジの刃で、できるだけ球の真ん中を打とうと心掛けた」

「ウェッジの刃で、球の真ん中を打つようにした」というストレブ

直後の10番はタップインバーディ。続く11番で1.2m、13番では8m!さらに16番では3mのバーディパットをウェッジで沈めた。単独首位も見えた17番では、7.5mからファーストパット(ウェッジ)が強めに入り、3パット(ウェッジ)のボギーとしたが、最終18番でも1.5mをカップに沈めて4アンダー「32」を叩きだし、プレーオフへと進出。「自分でも驚いたけど、うまくいったみたいだね」とストレブは振り返った。

プレーオフでは代替パターの投入が認められたが、その1ホール目の18番でティショットをグリーン奧に外し、アプローチをしたところで、ダニー・リーがバーディを奪って敗退が決定した。

それでも、「期待以上のラウンドになったから、ハッピーだよ。プレーオフはもう少し違うようにできたら良かったけど、2人が素晴らしいバーディパットを沈めたからね」とストレブ。優勝したリーに負けないくらい、見ているものに強烈な印象を残したことは間違いない。(ウェストバージニア州ホワイトサルファースプリング/今岡涼太)


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?