GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

全米オープン
期間:06/18~06/21  場所: チェンバーズベイGC(ワシントン州)

初メジャーの川村昌弘「インドオープンの方が緊張した(笑)」

2015/06/19 12:01

川村昌弘が初メジャー、初ラウンドでさらり 川村昌弘が初メジャー、初ラウンドでさらりとパープレー。緊張感よりも楽しさが勝っている?

ワシントン州にあるチェンバーズベイで開幕した第115回「全米オープン」で、自身初メジャーに挑む川村昌弘。大会初日は3バーディ、3ボギーのイーブンパーで26位発進を決め、「相当いい」と笑顔を見せた。

初日を迎えるまでに計3.5ラウンドをこなしてきたが、「ハーフですらパープレーで回ったことがない。ベストスコア更新です」と、メジャー初ラウンドであっさりと自己ベストを叩きだした。「短いのを外したりはしているけど、パターが良く入ってくれた」と、フィールド平均を下回る31パットを、好スコアの要因とした。

「初メジャーだけど、あまり緊張せずにできた。ギャラリーが多いのは、めちゃくちゃ気持ち良かった」と、初の大舞台にも気負いはない。「インドオープンの方が緊張した。スタートのティショットが狭いので(笑)」。今年2月に出場したアジアンツアーの「ヒーローインディアンオープン」を引き合いに出した川村にしてみれば、どちらも同じナショナルオープンというくくりになる。

次週25日(木)にようやく22歳になる川村だが、これまで訪れた国も22カ国。アジアンツアーや欧州ツアーに組み込まれる試合は、多くがその国のナショナルオープンになっている。「インド、マレーシア、フィリピン、モーリシャス、インドネシア…」。付け加えれば、日本と米国。「この試合も、色々あるナショナルオープンの1つと思ってやっている」。これまで経験してきたナショナルオープンは数多いのだ。

「全米オープンはギャラリーが多くてスタンドも大きい。エンターテイメント性が高い」と評価する一方で、「全米オープンで言うのもなんですけど…」と声を落とし、「これまでで一番難しいと思ったのは、(フィリピンオープンが開催される)ワクワクG&CCの8番(パー3)。チェンバーズベイのどのホールよりも難しいです」と教えてくれた。

世界の話題になると止まらない。「インドオープンは勝つまで出たいんです」と笑う川村にとっては、「全米オープン」もメジャーの重みもどこ吹く風だ。(ワシントン州ユニバーシティプレイス/今岡涼太)


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?