GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

休養宣言の諸見里しのぶ 笑顔でツアーからしばしの別れ

2015/11/20 18:57

来年は出場試合を絞り、体調回復を優先させ 来年は出場試合を絞り、体調回復を優先させる諸見里しのぶ

諸見里しのぶの2015年シーズンは、「大王製紙エリエールレディスオープン」2日目で静かにその幕を下ろした。通算6オーバー、75位タイで予選落ち。だが、最後のアウト9ホールを3バーディ、ノーボギーで締め括り、「来てくれたファンの方に、ちょっとはバーディを見せられたのでよかった」と、笑顔を残した。

前週までの賞金ランキングは80位におり、来季のシード復帰はならなかった諸見里。年末のQTは受験せず、来年はアレルギー体質の改善、肋軟骨の痛み改善を優先させて、試合出場は少なくする方針だ。

「プレッシャーや不安はあるし、戸惑っている部分もある。でも、(3週間前「樋口久子 Pontaレディス」で)休養宣言をしてから多くの選手や関係者が心配してくれて、情報を教えてくれた。その中から、自分に合うものを試してみたい。そして、勝つ準備をしっかりしてから試合に戻ってきたい」とコメントした。

ツアー通算9勝の諸見里は、「10勝は絶対したいと思っている。それに、(歴代優勝者に出場権のある)日本女子プロゴルフ選手権だけは、60歳まで出たい(笑)」と、現役続行への強い意志を見せており、現時点では来年1年の休養ののち、ツアー復帰するプランを描いている。(福島県いわき市/今岡涼太)


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。