GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

選手コメント集/富士通レディース 最終日

渡邉彩香は「チャンスがあったのに獲りきれなかった・・・」と2位でフィニッシュした

渡邉彩香 4バーディ、3ボギー「71」、通算9アンダー、2位

「出入りの激しいゴルフがきょうのゴルフのすべて。(首位のテレサ・ルーとは)差があったので、攻めていかないといけないという気持ちだった。それがミスになったホールもあったし、チャンスを生んだホールもあった。(テレサも)出入りの激しいゴルフだったので、(差を詰める)チャンスがあったのに獲りきれなかった。でも目の前で良いプレーを見ることができて勉強になった」

イ・ボミ 1バーディ、3ボギー「74」、通算2アンダー、12位タイ

「きょうは前半でバーディチャンスのパットを決めることができなくて、そこから流れをつかめなかった。4番、5番のチャンスで決められなかったところが、きょうの成績につながってしまったんだと思う。来週は4日間のホステス大会。きょう悪かったところは勉強になったし、反省して、良いプレーができるように頑張りたい」

9番で痛恨のダブルボギーを喫したものの、最後まで粘りを見せた新垣比菜

新垣比菜(アマ) 5バーディ、1ボギー、1ダブルボギー「70」、通算2アンダー、12位タイ

「目標は5アンダー。ロングパットが結構入っていた。ただ(ダブルボギーの)9番からおかしくなった。(ローアマは)ホッとしました。(次の試合は)気持ち良くアンダーで回りたい」

勝みなみ(アマ) 1バーディ、1ボギー、1ダブルボギー「74」、通算3オーバー、37位タイ

「きょうは結構粘り強いゴルフができた。バーディは少なかったけど、3日間のうちで一番良いゴルフができていた。(6連戦を終えて)『楽しくまわる』という目標も達成できた。技術的には上達を実感している。一番足りないと思うのは身体作り。今年のオフは体幹作り、トレーニングに励みたい」


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。