GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

40yd差の屈辱で…小田孔明が筋トレを開始

小田孔明をハードトレーニングに目覚めさせ 小田孔明をハードトレーニングに目覚めさせたのは・・・「マスターズ」を制したあの選手だった

国内男子ツアー「ブリヂストンオープン」開幕を前日に控えた21日、前年大会優勝の小田孔明が筋肉痛に苦しんでいた。「今週の火曜日からトレーニングを始めて。筋肉痛で下り坂が歩けないよ…」。

シーズンも半ばの大事な1戦を前にして「ずっとしていなかった」というトレーニングに目覚めたのは、前週の「日本オープン」最終日に受けた屈辱からだった。スポット参戦したアダム・スコット(オーストラリア)と2サムでプレーし、その飛距離に圧倒された。「ドライバーで40ydくらい置いていかれて。飛距離の差がありすぎて悔しかった」。

海外ツアー参戦によるオフのトレーニング不足を差し引いても、「もともと飛距離が持ち味だと思っていた」というプライドは粉々に打ち砕かれた。「飛ばしの体を作らなくてはいけないと改めて感じた」と、すぐにトレーナーと下半身中心の筋力アップを模索。火曜日と水曜日はハードメニューをこなし、試合期間中も軽めのトレーニングを続けていくことに決めたという。初回の昨日は「休みなく40分ほど」筋トレに励み、「痛くて夜も眠れなかった」と苦笑いを浮かべた。

もちろん、すぐに効果が現れるとは思っていない。ひとまずは「3週間後(三井住友VISA太平洋マスターズ)から日本シリーズまでに結果が出ればいい」という目論見。じっくり腰を据えて取り組む覚悟を固めている。

昨季は賞金王を獲得したが、今季はシーズン終盤に差し掛かりながら、ここまで未勝利が続いている。「何かを諦めたわけではない」と前置きをしながらも、「来年は開幕から勢いよくいけるように調整していきたい」と、早くも来シーズンに向けた言葉が口をついた。(千葉市緑区/塚田達也)


GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!

特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?