GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

池田勇太、チャンピオンズディナーでの前哨戦

開幕前日に一堂に会した歴代の「日本オープ 開幕前日に一堂に会した歴代の「日本オープン」チャンピオンたち

普段から歯に衣着せぬ物言いのレジェンドたちが、集まってお酒を飲んだらどうなるか…?2010年から「日本オープン」の恒例行事となっている歴代覇者たちの集うチャンピオンズディナーは、われわれが立ち入ることの出来ない領域だが、たまにその様子が漏れ伝わってくることもある。

今年の日本オープン開幕前夜の14日、六甲国際GCのクラブハウス2階で行われたチャンピオンズディナー。関係者によると、青木功中嶋常幸田中秀道手嶋多一片山晋呉ポール・シーハン小田龍一キム・キョンテ久保谷健一小林正則、ディフェンディングチャンピオンである池田勇太の計11チャンピオンが列席した。その席上でスピーチに立った中嶋が、池田を眼前に見据えてこう言い放ったという。

「俺が20代だったとしたら、今晩ここには来ていない!」

そして、いかに日本オープンのタイトルが重いものか、それに対してどれだけ全精力を注いで勝ちにいったのかをとうとうと語ったという。

池田にとっては、メインディッシュの「兵庫県産牛ロース肉のポワレ 朝倉山椒の香りを添えて 赤ワインソース」の味を優雅に堪能するような気分になれなかったであろうことは想像に難くない。

アダム・スコット(オーストラリア)、小西健太と回った初日を、後半は出入りの激しいゴルフとなりながらも、7バーディ、3ボギーの「68」。首位と2打差の4アンダー3位で終えた池田は、記者たちの前に来るなり「もう疲れたよ」とほんの少し弱音を吐いた。

厳しい言葉に発奮した?池田勇太が大会連覇 厳しい言葉に発奮した?池田勇太が大会連覇に向けて好スタート

誰に言われずとも、大会連覇への重圧を感じているのは池田ただ1人。それに加え、勝ち切れないここ数試合、バーディとボギーが交互に来たバックナイン、カメラのシャッター音による仕切り直し、ホールアウト後の複数社によるインタビュー…。言い出せばキリがないほどにストレスは高まっていた。

だが、見せた弱音はほんの一瞬だけ。すぐにまた、てきぱきと取材対応を再開した。「1打1打真剣にするのは当たり前。それをきちっとモチベーションにして戦えれば」。ナショナルオープンのタイトルの重さは、身に染みて分かっている。(兵庫県神戸市/今岡涼太)

今岡涼太(いまおかりょうた)
1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!

特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?