GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国女子LPGAジャパンクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

小林浩美、首位に2差へ!

1998/11/07 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 L.ケーン -10 134
2 黄玉珍 -9 135
3 小林浩美 -8 136
4 H.アルフレッドソン -6 138
4 L.ウォルターズ -6 138
6 B.キング -5 139
6 松尾恵 -5 139
6 K.チェダー -5 139
6 T.バレット -5 139
10 李五順 -4 140

スコア詳細を見る

2日目はカナダのローリー・ケーン。33-31の64と素晴らしいスコアをマークした。コースレコード・タイ記録となる。追うは台湾の黄玉珍、そして日本の小林浩美。この3人が実質的な首位集団を形成する雰囲気になってきた。

L.ケーンは9バーディ、1ボギー。13番からは5連続でバーディを奪取した。「今日は1日楽しかった。9コというのはいままで最高のバーディ数、64も自己最高です」

黄玉珍もインに入ってからショットが良くなり、ボギーなしの4バーディ。一気にスコアを伸ばした。この大会でもし優勝すればもちろん来期の米LPGAシード権を獲得できるが「来年どうするかはまだ考えていません。今は日本のツアーがいちばん大切ですから・・・」

小林浩美はボギーホールがなく6バーディ。しかし10番でダブルボギー。「でも5~6メートルのパットがまあまあ入っていたし、後半は盛り返したし、スコアとしては良かったですね」
まだ好調が持続しているという。「明日もパット次第。いい位置ですし、明日はなんとか行きたいですね。スコアを伸ばさないと勝てないから、バーディ取っていかないとね」

福嶋晃子は調子がでない。ショットはそんなにブレていないし、パットも以前に比べればだいぶ良くなっているというのだが、インからのスタートでいきなり4連続ボギー。「リキんでいたのかも知れない・・アンラッキーもいろいろあったし、今週はツイてないな、という感じです」

誰にとってもLPGAツアーのタイトルはずっしりと重い。明日も1日、激しい戦いになりそうだ。


特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには森井菖プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?