GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国女子ホンダLPGAタイランドの最新ゴルフニュースをお届け

ホンダLPGAタイランド
期間:02/17~02/20  場所: シャムCC(タイ)

Y.ツェンが圧勝で開幕戦を制す! 美香は13位

順位 選手名 通算 合計
1 曽ヤニ -15 273
2 M.ウィ -10 278
3 金寅敬 -9 279
3 K.ウェブ -9 279
5 P.クリーマー -8 280
6 J.インクスター -6 282
7 エイミー・ヤン -5 283
8 M.マクブライド -3 285
8 A.ジュタヌガン* -3 285
8 S.ペターセン -3 285

スコア詳細を見る

2011年 ホンダ LPGAタイランド 最終日 ヤニ・ツェン
世界ランクNo.1のY.ツェンが開幕戦で圧勝! 新時代の到来か!?【拡大写真】

タイのサイアムCCで開催されている、2011年の米国女子ツアー開幕戦「ホンダ LPGAタイランド」の最終日。単独首位からスタートしたヤニ・ツェン(台湾)が序盤からバーディを重ね、通算15アンダーで逃げ切り勝利。この日のベストスコアとなる「66」をマークし、2位以下に5打差をつける圧勝でツアー通算6勝目を飾った。

通算10アンダーの単独2位にミッシェル・ウィ。通算9アンダーの3位タイに、カリー・ウェブ(オーストラリア)とキム・インキョン(韓国)が続いている。首位に5打差、7位タイからスタートした宮里美香は2ストローク落とし、通算2アンダーの13位タイに後退してフィニッシュ。上田桃子は通算1オーバーの18位タイ。大会連覇がかかっていた宮里藍は、通算4オーバーの29位タイで終えている。

世界一の貫禄!3週連続優勝&今季4戦4勝

今大会を前に初の世界ランク1位に躍り出たヤニ・ツェンだが、今年の勢いと強さは止まるところを知らない。ヤニの今季初戦は1月に台湾で行われたアジアン女子ツアー第2戦の「日立クラシック」。2位に3打差をつけて優勝を飾ると、今大会前の2週間は欧州女子ツアーの「ISPS HANDAオーストラリア女子オープン」「ANZ RACV レディースマスターズ」を連勝。今大会を含めて3週連続優勝の上に、今季4戦4勝という離れ業をやってのけた。

2011年 ホンダ LPGAタイランド 最終日 ヤニ・ツェン&ミッシェル・ウィ
中盤まではヤニ・ツェンとミッシェル・ウィが最終組でデッドヒート!【拡大写真】

この日はミシェル・ウィとの2サムでの最終組。1番でティショットを右バンカーに入れ、レイアップを余儀なくされたヤニに対し、ウィは2打目でグリーン右のバンカーまで運ぶと、バンカーショットはピンをオーバーして反対側のラフまで達してしまうが、そこから起死回生のチップインバーディ。3度4度とガッツポーズを繰り出した。

「プレッシャーはありました。特に1番でミッシェルがチップインを決めて、ギャラリーも大歓声を上げていたので、自分のプレーに集中しようと思いました」。ヤニは直後にピン上6mのバーディパットを入れ返すと、左手でパターを挙げてから、右手でゆったりとしたガッツポーズを見せた。

中盤まで激しいバーディ合戦を繰り広げた両者だったが、後半息切れしたウィに対し、ヤニはさらに3つスコアを伸ばして逃げ切りV。ヤニ時代の到来を予感させるに余りある圧勝劇だった。

2011年 ホンダ LPGAタイランド 最終日 キム・インキョン
最後はヤニに振り切られたキム・インキョン【拡大写真】

I.K.キムは17番で力尽きる

初日にコースレコードタイの9アンダーで飛び出したI.K.キムは、最終日は首位と1打差でスタート。終盤まで優勝争いに食らい付いていたが、17番でアプローチを3度ミスして+5の大叩き。それでも18番でバーディを取り返して、通算9アンダーの3位タイで今季初戦を終えた。

2011年 ホンダ LPGAタイランド 最終日 宮里美香
日本勢最高位は宮里美香。ホールアウト後、ステイシー・ルイスとハグ【拡大写真】

日本人最上位は宮里美香

開幕前からスタートダッシュを目指すと公言していた宮里美香は、最終日は「74」とスコアを伸ばせなかったものの、通算4アンダーの13位タイでフィニッシュ。「最終日は少し納得いかないけど、4日間ショットは安定していたし初戦にしては良い感じなので、悔しい半分、まあいいかなというのもあります」と、収穫ある4日間を振り返った。


特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?