GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子フジサンケイレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

吉田弓美子が2シーズンぶり6勝目 3位タイに松森姉妹

順位 選手名 通算 合計
1 吉田弓美子 -12 204
2 佐伯三貴 -9 207
3 藤本麻子 -8 208
3 鈴木愛 -8 208
3 松森彩夏 -8 208
3 松森杏佳 -8 208
3 申ジエ -8 208
8 アン・ソンジュ -7 209
8 酒井美紀 -7 209
10 堀琴音 -6 210

スコア詳細を見る

2017年 フジサンケイレディスクラシック 最終日 吉田弓美子
2季ぶりの優勝を遂げた吉田弓美子【拡大写真】

◇国内女子◇フジサンケイレディスクラシック 最終日(23日)◇川奈ホテルGC富士コース(静岡県)◇6367yd(パー72)

首位タイからスタートした吉田弓美子が5バーディ、2ボギーの「69」とし、通算12アンダーで逃げ切り優勝を飾った。体調不良から昨季の後半戦を離脱するなど不遇のときを乗り越え、2015年5月「中京テレビ・ブリヂストンレディス」以来となるツアー通算6勝目を手にした。

前週から背中痛が続く吉田は出だしの2ホールを連続ボギーとしたが、後半11番までに3バーディを重ねて単独首位へ。12番(パー5)ではグリーン奥からのアプローチを直接カップにねじ込むチップインバーディで2打のリードを築き、サンデーバックナインの主導権を握った。3打差で迎えた最終18番で50センチのパーパットを沈め、右手を高々と天に突き上げた。

通算9アンダーの単独2位に、この日のベストスコア「66」で28位から浮上した佐伯三貴。通算8アンダーの3位タイに松森彩夏松森杏佳の姉妹、首位から「73」と落とした藤本麻子鈴木愛申ジエ(韓国)の5人が続いた。

1打差の2位から出た堀琴音は「74」と落とし、通算6アンダーの10位タイ。前年大会4位のイ・ボミ(韓国)は「71」と1つ伸ばすにとどまり、通算4アンダーの24位で終えた。

【主な選手の成績】
順位/スコア/選手名
優勝/-12/吉田弓美子
2/-9/佐伯三貴
3T/-8/藤本麻子松森彩夏松森杏佳鈴木愛申ジエ
8T/-7/アン・ソンジュ酒井美紀

18T/-5/諸見里しのぶ ほか
24T/-4/イ・ボミ ほか


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには曽田千春プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。