GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子JLPGA明治乳業カップの最新ゴルフニュースをお届け

最終戦も福嶋晃子で締めくくる

順位 選手名 通算 合計
1 福嶋晃子 -5 283
2 本山裕子 -3 285
3 村井真由美 -2 286
4 大城あかね -1 287
4 塩谷育代 -1 287
6 安井純子 +1 289
7 M.マクガイア +2 290
8 鄭美琦 +3 291
9 イ・ヨン・ミ +4 292
9 ク・オッキ +4 292

スコア詳細を見る

文句なし、今年は福嶋晃子の1年だった。最終日も前半2ボギーと危なかったものの、インに入ってからは13番17番でバーディ。今年最後のホール18番をボギーにはしたが、もう勝敗に影響はなかった。
「嬉しいです。最終戦に勝てるとは思っていなかったので・・。最後のホールでは1年間の疲れが出ました」と福嶋。

ボギーが先行した今日、優勝のことより平均ストロークのことを考えた。このままいったら平均が72の大台にいってしまう。「これ以上スコアを落とすことはできない、そう考えてプレーしました。優勝のことを考えると力んでしまいますから」
メジャー2勝。年間6勝。10年シード。「想像もしていませんでした。こんな感じで終わるなんて・・。私も、みんなも思っていなかったと思います」

ウィニングボールは「同年代のファンの男の子」にあげるのだという。重い病気と闘っている。月曜日に必ず会いにいきます、と手紙を書いた。予定をすべてキャンセルして、初めて病院に会いにいくことに決めた。

なお賞金ランキングは金万寿、鄭美琦らの獲得額はわずかに足らず、結局先週から大逆転はなし。49位、50位だった山田かよ、黄璧洵がそのままシードを確保した。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。