GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子JLPGA明治乳業カップの最新ゴルフニュースをお届け

塩谷後退、福嶋晃子が3打差首位へ

1997/11/29 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 福嶋晃子 -6 210
2 塩谷育代 -3 213
3 本山裕子 -2 214
4 大城あかね -1 215
5 元載淑 0 216
5 村井真由美 0 216
5 安井純子 0 216
8 金愛淑 +1 217
8 鄭美琦 +1 217
8 リーウェンリン +1 217

スコア詳細を見る

塩谷育代はどうしたんでしょうか。今季不調の典型的パターンで3日目はバーディ2つ、ボギーが3つ。そしてOB入りのダボ。ガクっと後退。まだ2位ではありますが。
「ショットがバラバラ。練習場からまったくダメでした。17番の3打目になって大きく構えてみたら、やっと当たりました。それまでスウィングが小さくなってしまっていたんです」
追われる立場から追う立場に一変した。「行きます。あきらめないで、最後まで頑張ります。怖がらずに攻めるって、どっかの監督が言ってましたよね」  このセリフはサッカーの岡田監督。確かに同じような立場だ。もうこうなったら怖がらずに攻めるしかない。

福嶋晃子は前半で3バーディ、1ボギー。後半に入ってからはスコアカード通り。首位に躍り出た。
「暑かったです」と福嶋。風邪をひいていたため長袖を着てプレーした。昨日と一転した夏のような陽気だった。
「やっとショットが良くなってきました。昨日のままでは先が見えなかったんですが、ようやく少しずつ力を入れても曲がらなくなってきました。体調もどんどん良くなっています」
本山裕子もよくキープしている。「途中でトップに並んだのは知ってたんですが、11番で短いのを外してバーディをとれなかった。取れるところで取らないと次からつい無理してしまいますね」 12番16番でボギー。3位に後退してしまった。
「ラウンド前は先手先手で自分のペースにしようと思っていたんですが、ボギーが出てしまって・・まだカケヒキする力はないんですね。こういう場面でもっと勉強しないと」


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。