GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子五洋建設レディースカップトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

服部道子、逃げきって3年ぶりV

1997/08/31 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 服部道子 -12 204
2 川波由利 -11 205
3 福嶋晃子 -10 206
4 不動裕理 -8 208
5 野呂奈津子 -6 210
6 黄玉珍 -5 211
6 塩谷育代 -5 211
6 高村博美 -5 211
6 古家三起子 -5 211
10 吉田順子 -3 213

スコア詳細を見る

長い長いスランプを越えて、ようやく優勝の日がめぐってきた。服部道子はアウトで3バーディ、2ボギー。10番、13番をとって一時は14アンダーにまでしたが、14番でボキー。そして難関最終18番のセカンドショットがあわや池。
「グリーン左端をめがけて打とうとしたんですけど、ボールが消えたんでビックリしました。池だ、と。そしたらキャディさんが左に跳ねてると言ってくれて・・」 もし池にそのまま入っていたら、優勝は消えていた。おそらくは福嶋晃子が逆転していた可能性が強いだろう。
「大ギャラリーの中でのプレー、緊張というより気持ちよかったですね。最後のパットを入れたとたん大拍手が来て、ヤッタゾ!という感じ。気持ち良かったです」 3年ぶりに味わう気持ちよさ。
最後のパットで強気の勝負。結果的に3パットとしてしまった福嶋晃子はしかし「今日は自分のゴルフが悪かったんです。服部さんが強かったというより、自分が悪かった。自分のことばかり考えてました」 福嶋は服部の優勝シーンを見たことがなかったという。服部が不調に陥り始めたころから台頭してきたのが福嶋晃子。世代を感じてしまう。

今季元気な川波由利は「ナイス65です」と自分でも言うとおりの素晴らしいゴルフ。ボギーなしで7バーディ。 「最後で服部さんのセカンドが左に跳ねたときに、プレーオフはないなと思いました。服部さんにツキというか、流れが行っている。そのうち自分に運が向いてきたら、私も優勝できるかなと思ってます」


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには森井菖プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。