GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子 Philip Morris Championshipの最新ゴルフニュースをお届け

奥田ら3人が首位。ジャンボは1アンダー発進!

1997/10/30 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 奥田靖己 -3 69
1 溝口英二 -3 69
1 手嶋多一 -3 69
4 Z.モウ -2 70
4 田中秀道 -2 70
4 鈴木亨 -2 70
4 佐藤信人 -2 70
4 C.フランコ -2 70
4 桑原克典 -2 70
4 T.ハミルトン -2 70

スコア詳細を見る

風の強い初日だった。スコアは伸び悩み、3アンダーでホールアウトした溝口英二手島多一奥田靖己がまず首位グループ。例によってワッツとかフランコとか手ごわい連中がすぐ下に控えているし、御大・ジャンボもまずは1アンダーとゆったり発進。これから一荒れも、二荒れもありそうな様子だ。

溝口英二は6番以外ボギーなし。4バーディ。 「この風の中で慎重にプレーしたのが良かった」という。無理をせずバーディがとれればラッキーと考えてプレーした。

手島多一も1ボギー、4バーディ。 「風が13番ホールあたりから吹き出した。前半のプレーに影響がなかったのが良かった」と手島。前半に3バーディを放りこんだ。 「この試合は賞金が多いから、少しでも上位にくいこみたいですね。頑張ります」

奥田靖己は5バーディ、2ボギー。日本オープンから使用ボールをバラタに戻した。 「ショットの飛距離は落ちるが、パターにはいい」と言う。数字で考えないゴルフ、見た目の感覚を大事にするゴルフスタイルを取り戻そうと努力しているのだとか。

ジャンボ尾崎は35-36の1アンダー。「風とグリーンの固さ。タフなコンディションだった。例年より固いグリーンのためにバーディチャンスを何度か逃してしまった」
なかなかリラックスできないので、今夜は温泉に入って作戦を練り直すのだという。なんといっても、もう50歳、疲れもたまる。


特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?