GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子ジーン・サラゼン ジュンクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

ジャンボ本領発揮の11アンダー首位!

順位 選手名 通算 合計
1 尾崎将司 -11 205
2 E.エレラ -10 206
3 田中秀道 -8 208
3 小達敏昭 -8 208
5 C.フランコ -7 209
5 深堀圭一郎 -7 209
7 川岸良兼 -6 210
7 桑原克典 -6 210
9 真板潔 -5 211
9 福沢孝秋 -5 211

スコア詳細を見る

フランコの望んだような輝く太陽ではなかったが、一応はお日様もカムバック。日差しの度合いに応じてかカルロス・フランコは1打貯金を増やしただけ。
丸山茂樹は自分に怒り狂っていた。こんどこそはと意気込んだジャンボとの対決は、一方的に敗退。対決というようなハイレベルの内容にもならなかった。36-38の74。

ジャンボ尾崎も決して満足はしていないはずだ。もっとスコアを伸ばせたはずだった。6バーディ、1イーグル、1ボキー、1ダボ。3番ロングのボギーは4パット。また最終18番のダボは「バンカーの砂が白すぎ、西日でまぶしくて」池入り。
「ティショットの安定性は抜群だった。それだけに18番のダボは痛かった。18番はプレッシャーがかかりすぎる。難し過ぎる。それにしても4パットをやって、ダボを打って、それでも11アンダーのスコア。なんという可能性のある男なんだろうね」とジャンボは半分自画自賛。

エレラは「良くないながらもなんとか堪えた一日」だった。それでも3アンダーの貯金を加えた。小達敏昭は「腰痛予防のために腹筋100回をやったおかげで腰の切れがよく、今日は振れた」という。ボギーなしの4アンダー。


特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?