GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子Philip Morris Championshipの最新ゴルフニュースをお届け

横尾要首位。尾崎健夫が1差で追う!

順位 選手名 通算 合計
1 横尾要 -10 134
2 尾崎健夫 -9 135
3 小山内護 -8 136
3 杉本周作 -8 136
5 C.フランコ -7 137
5 田中秀道 -7 137
7 原田三夫 -6 138
7 B.ジョーブ -6 138
7 深堀圭一郎 -6 138
7 細川和彦 -6 138

スコア詳細を見る

激しい戦いになってきた。67を2日間揃えて首位に上がったのは横尾要尾崎健夫もしっかり68をマークして追いすがる。今年のニューヒーロー小山内護もいい位置につけている。

横尾要は6バーディ、4ボギー。2番ではグリーン奥にこぼした10メートルをチップイン。「あのバーディはデカかったですね。パットがよく入りました。グリーンが読めているんだと思います。うまく行き過ぎです」

中年の星(?)尾崎健夫は今週もガンバッている。ボギーなしの3バーディ。「ほとんどグリーンをこぼしていない。あまりにも手堅く、振りが鈍くなってきたのかな。2日間ノーボギーだけど、あまり意識しすぎると、少しでも崩れかけたときに影響するからね」
腰痛のことは、思い出したとたんに痛くなるから思い出さないようにしているのだと。「今週はもちろん100点満点。今週のことだけ考えて集中している。100点だよ」

小山内護はボギー1つ。4バーディ。18番でイーグルが来た。「寄せるつもりだったのに入ってしまった。勝利? 意識してないです。ひとつ勝ったけどあれは夢だったのかなと思ってるくらいです」
今朝はホテルをチェックアウトしようかどうか迷ったくらいだという。迷った末、結局チェックアウトはしなかった。よかった。「明日はカナメ(横尾)と同じ組です。とりあえず負けないように頑張ります」


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?