GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子日本プロゴルフマッチプレー選手権プロミス杯の最新ゴルフニュースをお届け

直道、米山は敗退。丸山、3回戦へ。

丸山茂樹が勝ち続けている。尾崎健夫との2回戦は1番3番5番とストレートに3アップ。以後も6番12番で落したものの大きな波乱なく14番で決着をつけた。

「相手がジェットさんだったからパー5は気合をいれました。非常に疲れました。でも動揺する場面はひとつもなかったし」 相手はプロなのだからバーディを取って当たり前。自分はそれを上回るプレーをするだけ、という。

まだ若い丸山だが「25歳くらいまではイギリスでもどこでもお茶の子しゃんしゃんだったのに、最近は体調を戻すのに時間がかかるようになってしまった」とか。あわただしい帰国疲れがまだ体に残っている。

このところ絶好調の伊沢利光が破れた。4-3で下したのは今野康晴。12番から3ホール連続で取り、止めをさした。「昨日は3アップしてたのに自分から崩れてエキストラホールまで行ってしまった。その反省の気持ちでプレーしました」

13番は4番アイアンでホールインワンだった。エースは過去4回。プロテストで1回。千葉オープンで1回。あとは練習ラウンドだった。なぜか4回のエースのうち3回が4番アイアン。「ツアーでは初めてです。嬉しかったですね。ホールインワンはマッチプレーでは1アップですから。でも次のホールではすぐ忘れてしまいましたけど」

忘れて14番では5メートルを入れた。「この距離なら3パットはないでしょう。安心して打ちました」  伊沢利光が先に打ったラインだったのも幸いした。このバーディで4アップ。ドーミーホールの15番を分けて勝負が決まった。


(注) 2-1(2エンド1)とは1ホール残して(17番で)2アップの勝ち。19H 1upはエキストラホール19番ホールで勝負が決まり1アップ勝利の意味です。18番で決着がついた場合は1up、あるいは2upとなります。


特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?