GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

欧州男子コマーシャルバンク・カタールマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

T.ビヨーンがツアー11勝目!M.カイマーは伸ばせず

順位 選手名 通算 合計
1 T.ビヨーン -14 274
2 A.キロス -10 278
3 R.カブレラベロー -9 279
3 M.ブリアー -9 279
5 D.ハウエル -8 280
6 S.ハンセン -6 282
6 T.アイケン -6 282
6 R.カールソン -6 282
9 S.ガルシア -5 283
9 ビクトル・デュビッソン -5 283

スコア詳細を見る

2011年 コマーシャルバンク・カタールマスターズ最終日 トーマス・ビヨーン
欧州ツアー通算11勝目となる優勝を飾ったT.ビヨーン(Andrew Redington/Getty Images)【拡大写真】

カタールにあるドーハGCで開催されている、欧州男子ツアー第7戦「コマーシャルバンク・カタールマスターズ」の最終日。通算6アンダー、首位と5打差の5位タイからスタートしたアルバロ・キロス(スペイン)が、猛チャージをかけた。

前半の5番でバーディを奪い、さらに10番、11番では連続バーディ、14番でもスコアを伸ばして、通算11アンダーでスタートしたデンマークのトーマス・ビヨーンに1打差まで迫った。ところが、15番、17番と勝負どころでボギーを叩き、16番、18でもバーディを奪ったが通算10ンダーの単独2位に終わった。

対するビヨーンは1番から14番まで全てパープレー。1打差に迫られたものの、焦ることなく15番、17番、そして最終18番と3つのバーディを奪い、通算14アンダーでホールアウト。終わってみれば2位に4打差をつける圧勝でツアー通算11勝目を果たした。

通算9アンダーの3位には、ラファエル・カブレラベロ(スペイン)とマークス・ブライヤー(オーストリア)の2人。通算8アンダーの単独5位にイングランドのデビッド・ハウエル。大会連覇を狙ったスウェーデンのロバート・カールソンは、スコアを2つ落とし通算6アンダーの6位タイに終わった。

また、この大会でワールドランキング1位のリー・ウェストウッドが予選落ちとなった。現在2位のマーティン・カイマーが2位以内に入れば逆転の可能性もあった。しかし、最終日にスコアを1つしか伸ばせず、通算2アンダーの28位タイに終わったため、逆転のチャンスは次週以降にお預けとなった。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。