GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国シニアリージョンズトラディションの最新ゴルフニュースをお届け

リージョンズトラディション
期間:05/05~05/08  場所: ショールクリーク(アラバマ州)

M.カルカベッキアがトップに!尾崎は50位に後退

順位 選手名 通算 合計
1 M.カルカベッキア -11 133
2 K.ペリー -8 136
3 J.ハース -7 137
3 M.アレン -7 137
5 T.パーニスJR. -6 138
5 T.レーマン -6 138
7 P.シニア -5 139
7 L.ロバーツ -5 139
9 N.プライス -4 140
9 C.S.ルー -4 140

スコア詳細を見る

米国チャンピオンズツアー第8戦「リージョンズトラディション」は6日(金)、アラバマ州のショールクリークで第2ラウンド。4アンダーの2位タイから出たマーク・カルカベッキアが「65」をマークして通算11アンダーとし、単独首位に立った。

スコアを3つ伸ばして前半を折り返したカルカベッキアは、後半インに入った10番から3連続バーディ。17番でこの日7つめのバーディを決めてトップに立った。

3打差の2位には同じく「65」をマークしたケニー・ペリーが14位タイから急浮上。通算7アンダーの3位タイにジェイ・ハースマイケル・アレンがつけている。今季3勝目を狙うトム・レーマンは初日単独首位スタートを決めたが、この日は「71」にとどまり、通算6アンダーの5位タイに後退した。

そして昨年大会では2位タイに入った尾崎直道はこの日も苦しい展開。3オーバーの42位からスタートし、4バーディ、6ボギーと出入りの激しいゴルフで「74」。通算5オーバーの50位タイへと順位を下げた。


特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!