GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

全米プロゴルフ選手権
期間:08/08~08/11  場所: バルハラGC(ケンタッキー州)

マーク・ブルックス、プレーオフを制す。中島は52位。東78位

毎日トップが入れ替わる激戦。前日リードのコクランは77と大きく後退し、ミケルソンもスコアを伸ばすことができなかった。
11アンダーで並んだマーク・ブルックスケニー・ペリーによるプレーオフは、最初の18番ホールでペリーがショットを曲げて、あっさり決着。地味な実力選手が勝つ、という全米プロのジンクスは、今年も破られることはなかったようだ。
決勝に生き残った中島も追い上げがきかず、最終日75。東も73とひとつスコアを落とした。4人の主力選手が挑戦した全米プロだったが、世界のカベはオリンピック同様、やはり厚かった。

<上位結果と主な選手>
選手名/スコア/順位/初日-2日目-3日目-最終日
M.ブルックス   -11/1T/68-70-69-70
K.ペリー     -11/1T/66-72-71-68
S.エルキントン  -10/3T/67-74-67-70
T.トーレス    -10/3T/69-71-71-67
J.レオナード    -9/5T/71-66-72-70
J.パーネビック   -9/5T/73-67-69-70
V.シン       -9/5T/69-69-69-72
       (他)
P.ミケルソン   -8/ 8T/67-67-74-72
N.プライス    -8/ 8T/68-71-69-72
G.ノーマン    -6/17T/68-72-69-73
中島常幸     +1/52T/73-72-69-75
東 聡      +9/78T/72-72-80-73


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?