GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

全米プロゴルフ選手権
期間:08/17~08/20  場所: バルハラGC(ケンタッキー州)

タイガー伸ばして11アンダー!同年メジャー3連勝へあと2日

順位 選手名 通算 合計
1 T.ウッズ -11 133
2 S.ダンラップ -10 134
3 F.ファンク -7 137
3 J.P.ヘイズ -7 137
3 D.ラブIII -7 137
6 B.メイ -6 138
6 N.ビゲイIII -6 138
8 S.アップルビー -5 139
9 D.トムズ -4 140
9 T.ビヨーン -4 140

スコア詳細を見る

ジャック・ニクラスがすばらしいラウンドを見せてくれた。予選通過こそならなかったが、しかし60歳とは信じられないようなゴルフを随所に見せてこの日は1アンダープレー。沸き上がるようなスタンディングオベーションに迎えられた最終18番、あわやカップインというアプローチの冴えは全盛期そのものだった。

もうメジャーで戦うニクラスの姿は見られないだろう。来年のマスターズに出るかも、という根強い噂はある。しかし少なくとも全米プロのフィールドでジャックの雄姿を再度見ることはない。それを知っているからこそギャラリーは最終日の優勝者を迎えるような拍手と大歓声で、老いた帝王を迎えた。

タイガー・ウッズはキャップを脱ぎ、礼儀正しく老王の引退を祝福した。あるいは、哀悼の意を評した。葬儀の席のように恭しく、丁重な笑みを浮かべてニクラスの挨拶に応えた。素早くタイガーとジャックの間に交わされた手のひらでのタッチ。この瞬間に、新しい帝王への引き継ぎが公のものとなった・・・。そんな数秒のセレモニーだった。

タイガー・ウッズの2日目も、ほぼ予定通りの1日だったようだ。2番ロングでまずバーディ。以後は順調に5番、7番、8番と取り、アウトは32。インはちょっと計算が狂って10番ロングで沈めることができなかったが、それでも15番でバーディ。17番のショートパット外しだけは予定外だったが、すぐさま冷静さを取り戻して18番ロングは計算通りバーディ。トータル67。初日と合わせると11アンダー。メジャーとは思えないようなスコアで、もちろん単独首位だ。

無名のスコット・ダンラップも健闘はしている。5バーディ1ホギーの68。首位タイガーに1打差。デービス・ラブIIIも入らないパットに苛立ちながらも、効率悪くスコアを伸ばして7アンダー。明日、明後日、なんとかタイガーに追いすがり、できることなら立ちはだかりたい。それが並のトッププロの意地というものだ。

日本選手では健闘の田中秀道が一時は1アンダーまで盛り返したが維持することはできず結局73(37-36)。トータル1オーバーで決勝進出を決めた。ジャンボ尾崎はショット、パットともに悪くはなく1アンダーペースのプレー。16番を終わって1オーバーでこれも予選通過できそうだ。粘りの伊沢利光は今日も73でトータル2オーバー。予選通過。

丸山茂樹は本領発揮、69と追い込んだ。追い込んだが初日の77が悪過ぎてトータルは2オーバー。しかし予選は通過したことだし、明日あたりから爆発しそうな感じもある。

このペースならなんと日本人選手が4人決勝に進出することになる。決勝に行けるくらいだからみんな悪いゴルフではないのだが「ショットもパットも悪くはないのにスコアにならない・・」という片山のコメントに象徴されるように、コースとの戦いにストレスが溜まりにたまっている。明日はムービングディ。もう安心して、一か八かのガス抜きラウンド!といきたいところかもしれない。

早朝の雷雨の影響もあり、この日も進行は1時間遅れ。やはり全員のホールアウトはできなかった。予選通過ラインは3オーバーになりそうだ。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?