GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子AT&Tペブルビーチナショナルプロアマの最新ゴルフニュースをお届け

AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ
期間:02/01~02/04  場所: ペブルビーチGL他(カリフォルニア州)

ハーフ28のツアー記録タイを出したD.ラブIIIが、大逆転で3年ぶりの優勝を果たした。

2001/02/05 09:00

順位 選手名 通算 合計
1 D.ラブIII -16 272
2 V.シン -15 273
3 P.ミケルソン -13 275
3 O.ブラウン -13 275
5 R.ブラック -12 276
6 G.デイ -11 277
6 C.バーロウ -11 277
8 F.ランガム -10 278
8 F.ノビロ -10 278
8 M.ウィア -10 278

スコア詳細を見る

一人だけ違うコースでラウンドしているのだろうか。そんな印象さえ与えるD.ラブIIIの前半のスコアである。1番バーディの後、2番でイーグル、その後は7番まで連続でバーディ。ハーフ28のPGAツアー記録に並ぶ好スコアで一気にトップに踊り出た。

最終日を首位で迎えたP.ミケルソンは終盤16、17番の連続バーディで勢いに乗った。しかし、最終18番でドライバーで打ったセカンドショットを海に入れてしまいダブルボギーとしてしま、同じく首位スタートのO.ブラウンと共に3位タイで終了。

初日からトップ争いを繰り返したV.シンは、後半に入り3バーディで先に上がったD.ラブIIIに1打差まで迫ったが、17番でティショットを海に入れボギー、最終18番でバーディを奪うも1打届かず2年連続の2位になってしまった。
記録的なスコアを出したD.ラブIIIが逃げ切り、98年のMCIクラシック以来のツアー14勝目を手にした。

負傷をおして出場していたT.ウッズは、3連続でボギーを出すなど出入りの激しい展開で、スタート時の8アンダーから伸ばせず、13位タイで終了した。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?