GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子タッチストーンエナジー・ツーソンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

タッチストーンエナジー・ツーソンオープン
期間:01/11~01/14  場所: オムニツーソンナショナルGR(アリゾナ州)

27歳、ウィリスが逆転逃げきり

順位 選手名 通算 合計
1 G.ウィリス -15 273
2 K.サザーランド -14 274
3 B.ツエー -13 275
3 G.オギルビー -13 275
5 チェ・キョンジュ -12 276
5 C.クレスゲ -12 276
5 G.クラフト -12 276
5 M.ウィーブ -12 276
9 R.ビーム -11 277
9 J.マガート -11 277

スコア詳細を見る

5日目にしてようやく迎えた最終ラウンド。チャンスを握ったかに見えた43歳のベテラン、ウィービーだが肝心の後半になってボギーの歯止めがきかなくなってしまった。前半から攻勢に出た2位スタートの27歳ギャレット・ウィリスがバック9を手堅くプレーして逃げきり。サザーランドのまくりも及ばなかった。ウィリスはイーストテネシー州立大出身、ビデオゲームが好きという、5年前からプロ入りの27歳だ。

ウィリスの昨年のBUY.COMランキングは68位。こうした選手でも好機に恵まれるとツアーを勝ち取ることができる。というより、これだけの力を持った選手たちがゴロゴロしているのが米ツアーの下層というべきなのだろう。何かの拍子に今田竜二(2000 BUY.COMランク32位)がポンと抜け出すことがあっても少しもおかしくないし、ましてや横尾要谷口徹のような選手が流れをつかめばツアー勝利獲得の可能性も充分なはずなのだが。

その横尾要は一時9アンダーまで伸ばしたが15番、17番をボギー。ちょっと不本意な32位タイに終わった。60台プレーが1日だけでは、やはりツアー上位は苦しい。

横尾、終盤崩れて26位グールプへ(1/15)

裏番組トーナメントとはいえ、やはり米ツアーの底力はすごい。優勝するためには3日間、いや4日間60台を並べないといけない、そんな事実をあらためて感じさせる第3ラウンドになった。

首位に上がってきたのは43歳のベテランマーク・ウィービー。フロント9でスコアを4つ伸ばし、13番までに7バーディを沈めた。14番でひとつ後退したが、それでもトータル14アンダー。2位には64をマークしたギャレット・ウィリス。これも凄い。期待の横尾要は15番17番ボギー、18番ダボと終盤滑りおちて結局6アンダーのまま。一気に26位グループに落ちてしまった。前日首位(!)のリー・ポーターも76叩きで同じく6アンダーに転落している。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?