GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

最新アイアンでビタビタのチャンス続出 市原弘大は7バーディ量産

2016/04/22 18:20

昨年9月から使用するアイアンが絶好調。市 昨年9月から使用するアイアンが絶好調。市原弘大が単独首位に浮上した

国内男子ツアー「パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ」2日目を13位から出た市原弘大が7バーディ、1ボギー、この日のベスト「65」(パー71)をマーク。通算8アンダーの単独首位に浮上し、ツアー未勝利の33歳がトーナメントリーダーで大会を折り返した。

ビッグスコアの支えになっているのが「昨年の9月半ばからヘッドを新しくした」というアイアンだ。用具契約を結ぶフォーティーン社製の『TC770 フォージド アイアン』(昨年12月発売)で、機種名を踏襲する同シリーズの最新モデル。「(先代モデルと)同じハーフキャビティだけど、重心距離が違う。それが僕にすごくマッチしている」という。

この日は「替えてからすごく良くなった」というアイアンで次々とチャンスを演出した。前半の12番で1m、15番で2.5mを決めると、16番では「きょう一番、長い距離だった」という5mを沈めて3つ目のバーディ。さらに158ydからOKバーディとした後半の4番から3連続で伸ばし、午前中のリーダーボードを一気に駆け上がった。

過去のベストフィニッシュは昨季11月「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」の4位タイ。同シーズンの賞金ランクはキャリアハイの48位を記録した。「優勝はもちろんしたいけど、それよりも良いときに自分をゆるめず、悪いときにしっかり耐えていきたい」。謙虚に掲げた目標をやり遂げた先に、念願の初タイトルが待っている。(千葉県野田市/塚田達也)


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?