GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

「30バーディ獲りたかった」松山英樹、メジャー制覇へたぎる意欲/一問一答

2016/10/30 19:30

WGC制覇を遂げた松山英樹。ボランティアの女性たちに囲まれて

◇世界ゴルフ選手権◇WGC HSBCチャンピオンズ 最終日(30日)◇シェシャンインターナショナルGC(中国)◇7266yd(パー72)

松山英樹が日本人最多に並ぶ米ツアー通算3勝目を世界選手権シリーズ(WGC)で飾った。4日間いずれも60台をマークし、後続に7打差をつける圧勝。ラウンド後の公式記者会見で喜びを語り、メジャー制覇への強い意欲を口にした。

―2位に7打差をつける勝利
「きょうラウンドはスタート前からすごくナーバスになっていましたけど、スタートホールでバーディが取れたんで、緊張しながらもうまくプレーすることができました」

―アジア出身選手として初めてのWGC制覇
「そこに何か思うことは全然ないです。Y.E.ヤンさん(韓国)が、メジャー(2009年全米プロゴルフ選手権)を勝っているので。(WGCもアジア勢が過去に)誰か勝ったと思っていたので、逆にいま、それを聞いてビックリ」

―18番ホールはどんな気持ちで
「(17番までに4日間で)トータル29バーディだった。最後バーディを獲って、30バーディにして終わりたかった。でも、なかなかそこはうまく行かなかったので、せめてパーで上がれればいいなと思っていました」

―途中棄権が2回あった大会。勝因は
「過去2回棄権していましたし、1回は成績が良くなかったが、なぜかはよく分からなかった。今年はここでも優勝争いをするんだという気持ちでいたが、初日から良いプレーができて、ここ(会見場)にいる。特別何か変えたことはないんです。3週間パッティングが良くて、今週は特に良かったと思います」

―キーになったホールは
「4番のパーパットがすごく大きかった。8番はセカンドショットで、距離が残ってもいいからFWに刻むべきだったと思う(2打目は3Wで右ラフに入れ、4オン1パット)。でもしっかりパーを取れたので、それから無理をすることなくプレーできました」

―WGC初制覇の意味は
「ここで優勝して、メジャーで勝ちたい気持ちがより一層強くなりました。(2017年4月のマスターズまで)まだ時間があるので、メジャーで勝つための課題を克服していけたらと思います」

―この喜びを誰に伝えたいか
「連絡をもらっている人はいっぱいいる。家族にも報告したい。両親にはここまで育ててもらったんで、感謝の気持ちを込めて、優勝したことを伝えたいです」

―大会記録が24アンダーだったが
「いま初めて知ったので気にしていなかったが、やっぱり30バーディを獲りたかった(笑)」


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?