GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

全英オープン
期間:07/16~07/19  場所: セントアンドリュース(オールドコース)(スコットランド)

【速報】松山英樹は後半に急ブレーキ イーブンパーで出遅れ/全英オープン

松山英樹はイーブンパーで初日を終えた。11番でチャンスを外してこの表情(Mike Ehrmann/Getty Images)

海外メジャー今季第3戦「第144回 全英オープン」は16日、イギリス(スコットランド)のセントアンドリュース・オールドコースで開幕した。松山英樹は3バーディ、3ボギーの「72」(パー72)でプレーし、イーブンパーで初日を終えた。

ホールアウト時点で、首位と7打差の72位タイと出遅れた。

松山はジョーダン・スピースダスティン・ジョンソンとの最注目組でラウンドした。ジョンソンは1イーグル、5バーディの「65」をマークして、7アンダーまで伸ばしてトップに立っている。スピースは5アンダーとしている。

松山は1番でフェアウェイからの2打目を1ピンに絡めてバーディ発進。3番と、2オンに成功した5番(パー5)でもバーディを奪った。折り返しまではその後、パーが続いた。

後半10番では2打目がグリーンからこぼれ落ち、寄らず入らずのボギーを喫した。パー5の14番ではバンカーから後方に出さざるを得なくなり、ボギー。15番も数十cmのパーパットを決められず、前半の貯金を使い果たした。

松山はホールアウト後、テレビ朝日のインタビューで「ショットは最後まで悪い感じではなかったが、パッティングが途中から入らなくなり修正できなかった」と語った。

タイガー・ウッズは4オーバーの「76」。セントアンドリュースではこれまで「73」より多くたたいたことはなかった。

日本勢では、藤田寛之が6ホールを終えた時点で2アンダーとしている。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?