GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

マスターズ
期間:04/07~04/10  場所: オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

藤田寛之、41歳で初マスターズへ向け出国!

2011/03/30 15:55

「オーガスタと自分との会話を大切にしたい 「オーガスタと自分との会話を大切にしたい」藤田がマスターズへ出国!

「WGCキャデラック選手権」の週の火曜日にオーガスタを初ラウンド。雰囲気の素晴らしさと共に、その場で戦わなくてはいけない怖さを感じたという藤田は、「距離は長いし、セカンドからグリーンがあまり自分が経験したことのない状況。外しちゃいけないところがあるし、とんでもないところもある。発想を豊かにしていかないと無理なのかなと思いました」と、かつてない難易度の舞台を前に気を引き締める。

2月末からの米ツアー3連戦を終え、一時帰国して地元・静岡県にある葛城GCでチーム芹澤の面々と5日間の合宿を行った。「その為に帰国したようなもの」と藤田は言う。師匠の芹澤信雄に3週間の米ツアー遠征で掴んだポイントを確認し、その手応えに自信を深めた。

それでも、マスターズはまだ藤田の想像の域を出ていない。「目標はまったく浮かばないですね。テレビで見たマスターズは上の人のプレーばかりだし、結果がどれくらいになるか逆に考えたくないです」。

だが、すべてを受け入れる心の準備は出来つつある。葛城合宿では師匠にあれこれ聞くでもなく、「難しいですね」程度の会話。自宅にあるマスターズのビデオやDVDも「見ていないですね」とさらり。「どこまでやれるかは分からないけど、最大限やってどういう結果を貰えるか。自分のゴルフに集中して、どこまでオーガスタに受け入れて貰えるか。オーガスタと自分との会話を大切にしたいです」。

不惑と言われる40歳を超えた藤田の心境は、その言葉通り、焦りもなく冷静に、現在を客観的に見つめているようだ。

記事提供元: ゴルフダイジェスト・オンライン


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?