GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

高校1年の皆吉愛寿香 週6日通うホームコースで7位発進

2017/03/17 19:16

地元出身の高校1年生、皆吉愛寿香が7位発進を決めた

◇国内女子◇Tポイントレディス 初日(17日)◇鹿児島高牧CC(鹿児島)◇6397yd(パー72)

地元・鹿児島県出身の16歳が、大会初日リーダーボードのトップテンに名前を載せた。アマチュアの皆吉愛寿香(みなよし・あすか/神村学園高1年)が4バーディ、1ボギーの「69」とし、首位と4打差の3アンダー7位タイ発進。「朝(の練習)はショットが良くなかったけど、コースに行ったらアイアンが良くてピンに向かった」と、好スタートにつなげた。

ゴルフに専念できる環境を求めて、登校日が水曜日のみの「普通科特別能力コース」がある同校に入学。水曜以外の平日は、今大会会場の鹿児島高牧CCで腕を磨く。土日は、同CCでスタート業務のアルバイトをこなしたあと、午後からコースに出る1週間を送っている。

プロツアーは昨年大会に続いて2回目の出場。「ものすごく緊張していた」という前回は、2日間で通算9オーバーの93位で予選落ちだったが、「きょうは落ち着いて、いつも通りのプレーが出来ました」と、ベストスコア「66」をマークしたことのあるホームコースで実力を披露した。

同郷で同じアマチュアの勝みなみ(18=鹿児島高3年)とは、練習ラウンドをともにする間柄。「私も(ツアーに)出させてもらっている以上、いつか優勝したいという気持ちはあります」と、ツアー史上最年少(15歳293日)でアマチュア優勝を果たした先輩の後を追う。(鹿児島県姶良市/塚田達也)


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには佐藤耀穗プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。