GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

48歳の塩谷育代「上達した気がする!」

2011/05/13 20:09

48歳、大ベテランの塩谷育代が首位と1打 48歳、大ベテランの塩谷育代が首位と1打差3位タイの好スタート

国内女子ツアー「フンドーキンレディース」の初日に、48歳のベテラン塩谷育代が2アンダー3位タイにつけた。10番からスタートした塩谷は14番でボギーを先行するが、16番、17番で連続バーディ。さらに後半も2バーディ、1ボギーでラウンドし、首位とは1打差の好スタートを切っている。

「上達したなって気がしました」。この日のラウンドを振り返る塩谷の口から、大ベテランらしからぬ言葉が発せられた。しかし、塩谷は真剣な表情で続ける。「今日は上手くなった気がするんです。改めてグリップ、アドレスの大切さを、何十年もやっていて、ここかって感じですね。アドレスの入りが悪いからグリップが悪いのか、グリップが悪いからアドレスが悪いのか、スクエアに決まっていなかったので」。ゴルフの基本ともいえることがらを初心に帰って語りだした。

残り2日間あり少し気の早い話にはなるが、塩谷(48歳352日)が優勝した場合、国内女子ツアーでは岡田美智子(50歳312日)、池淵富子(50歳66日)についで歴代3番目の高齢優勝者となる。さらに、前回の優勝からのブランクでいっても7年250日ぶりの優勝となれば、池淵、中嶋千尋、ト阿玉に次いで4番目の記録になる。

「優勝?気が早いですねー。まだ、初日なんで・・・。(優勝はしたい?)そうですねー」と話す塩谷。「若手に負けられないという気持ちは、あまりありません。とにかくもっと深くゴルフを知りたい気持ちは、ずーっとあって、もっと上達したい。それだけです」。2児の母にしてツアー出場を続ける48歳は、向上心の塊だ。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。