GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

藤田寛之 「バカらしくなった一打」から優勝争いへ

2015/07/25 17:51

不振続きのショットが激変。今季1勝目のチ 不振続きのショットが激変。今季1勝目のチャンスをつかんだ藤田寛之

不振に悩む46歳がムービングデーに気を吐いた。国内男子ツアー「ダンロップ・スリクソン福島オープン」3日目。今季未勝利の藤田寛之が前半3番からの5連続を含む8バーディ、ノーボギー「64」で通算15アンダーとし、23位から2位にジャンプアップ。首位と2打差に詰め寄り、最終日最終組に飛び込んできた。

「ショットが良くなった。スコアを伸ばし合う状況でたいへん良いプレーができたし、今日に関しては100点です」。とりわけ自分に厳しい藤田にしては珍しい満点評価だ。今季は生命線であるショットの不調から、出場9試合で5試合の予選落ち。今週も決して万全の状態ではなかったという。2日目の前半12番(パー3)では、1打目に「1試合に1回くらい打っている」というシャンクが飛び出してボギー。しかし、これで吹っ切れた。

「いろいろとやっていることが、12番でバカらしくなっちゃって。もう自分の好きなようにして打とうと。そうしたら良くなりました」。

2日目は直後の13番から7バーディを奪う「67」で23位に上げ、3日目の猛チャージをも呼び込んだ。長く取り組んできたスイング理論とは別に、「こういう風にやれば、球がこう飛ぶんだろうな」という藤田独自の感覚がハマった形だが、応急措置による好結果を手放しで喜べない自分もいる。

「自分でもまだ把握できていないし、予選落ちが続く中で急に優勝争いとか言われてもね・・・。優勝はしたいけど、あまり期待はしていません」。

とはいえ、試行錯誤から一片の光明を見出したことも事実には違いない。「悪いときの優勝争いで、何かをつかめるチャンスがあるかもしれない」。不振の流れを変える最終日となるか。(福島県西郷村/塚田達也)


GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!

特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?