GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

今田竜二 「出場権があれば」日本ツアー転向も?

2015/07/01 18:42

日本ツアーに2週連続出場中の今田竜二。次 日本ツアーに2週連続出場中の今田竜二。次週の出場も予定している。

米国を主戦場にする今田竜二が、7月2日(木)に開幕する「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント」に初出場する。今季国内男子ツアーは前週の「ISPSハンダグローバルカップ」(予選落ち)に続き2戦目の出場。開幕前日はプロアマラウンドをプレーし、「調子は試合になってみないと分からないけれど、今日は良い感じで1日を回れたと思う」と雨に濡れた表情を和らげた。

米国PGAツアーでは2005年から8年間シードを守り、08年には日本人史上4人目の優勝を果たした今田だが、12年にシード権を喪失してから米国では苦難の時が続く。昨季はPGAツアー、下部ツアーともに成績を残せず、今季も前週までに両ツアーを合わせた5試合(レギュラー3試合、下部2試合)ですべて予選落ち。最後の試合は3月「プエルトリコオープン」までさかのぼる状態だ。

「今年も何試合か出場させて頂いているが、順位的になかなか試合に出られず、今のところは試合から遠ざかっている」。自宅がある米国フロリダ州近郊で、ラウンドやトレーニングを重ねる日々が続いているという。

中学生時代に渡米してから米国でプレーを続け、推薦でしか出場権を持たない日本ツアーはこれまでスポット参戦の場でしかなかったが、今ではその存在が高まりつつあることは、今田の言葉からもうかがえる。

「出場権があれば考えるところですが、現時点では(主戦場を日本に)移すオプションはそう簡単ではない。そういったチャンスをモノにしたいとは思っています」

日本ツアーのシード権を手にする一番の近道は、ツアー優勝にほかならない。「最終的には優勝が大きな目標ですが、まずは1日のベストを尽くすことを頑張りたい」。今田は次週「ミュゼプラチナムオープン」への出場も予定している。(北海道千歳市/塚田達也)


GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!

特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?