GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

最新ゴルフニュースをお届け

『ROSSA』パター廃番へ

2011/01/14 09:45

テーラーメイドのパターブランド『ROSSA(ロッサ)』が廃番となり、今後はパターも『テーラーメイド』へ統一されることが明らかになった。

同社によると、

「2001年に発表した『X-ROSSA』以来、約10年にわたり『ROSSA』ブランドとしてパターを展開してきましたが、新製品の『レイラー ゴースト』以降は『テーラーメイド』ブランドとして世界中のツアーを席巻していきます」

と、10年を区切りにブランド集約化を図る構え。また、フェースインサートの名称として使用していた「AGSI」も「PURE ROLL」という名称へ変更になる。

3月末投入予定の『レイラー ゴースト』(1万9950円)では、ブレード型1モデル、マレット型2モデルの3つの形状をラインアップ。ゴーストシリーズの特徴である白いヘッドに、ボディのセンター部分が真っすぐ後方に伸びたヘッド形状を採用している。

そのボディのセンター部分には黒い3本のラインを施し、左右両サイドを太く強調したことでボディカラーとのコントラストを一層向上、アライメントラインを際立たせている。また、弾力性と柔らかさを兼ね備えたというサーリン弾力性素材を採用したフェースインサート「PURE ROLL」の搭載により、ボールに順回転を与え、転がりを安定させると同時に心地よい打感が得られるとか。

テーラーメイドゴルフは、同時期投入の「R9」後継モデル『R11』ドライバー、FW、レスキューのヘッド&グリップも白一色で展開。かつて、オレンジヘッドでFW市場を席巻した同社だが、今度は白装束で勝負に出る。

記事提供元