GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

福嶋晃子、逃げきって今季2勝目

1997/08/03 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 福嶋晃子 -11 205
2 西田智慧子 -10 206
3 M.マクガイア -8 208
4 塩谷育代 -7 209
5 吉川なよ子 -5 211
6 大城あかね -3 213
6 西塚美希世 -3 213
8 木村敏美 -2 214
8 山田かよ -2 214
10 ク・オッキ -1 215

スコア詳細を見る

最終日も暑かった。風もほとんどなく、気温は32度。15番までは接戦。福嶋晃子、西田智恵子、塩谷育代の3人のデッドヒート模様だったが、このショートホールで福嶋晃子がバーディ、塩谷育代はまさかの2オン3パットのダブルボギー、西田智恵子はパー。勝負がついた。

「今日は誰が優勝してもおかしくない展開。3人が競り合いで、大変でした。でも途中の経過はどうであれ、最後に勝てたんだからよかったと思います」と福嶋。アウトは2ボギーでかなり危うかったのだが、後半は「気持ちを入れ換えて」チャージ。10番、15番16番と3バーディが来た。
しかし最後のパットが入るまで優勝は確信できなかったという。「暑さにもこれで慣れたし、いままで年間2勝しかしたことないから、今季はそれ以上の勝ちが目標です」

米国遠征のブランクで1カ月ぶりの試合。芝も違うしコースも違う。けっこう戸惑ってもいい状況なのだが、さっそく勝ってしまった。強い。圧倒的な飛距離に加えて巧さと粘りも身につけてきた。昔の岡本綾子みたいな雰囲気が少し出てきた、と言ったらちょっとほめすぎかな。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには森井菖プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。