GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子ヤクルトレディースゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

武田久子、4アンダー単独首位へ

順位 選手名 通算 合計
1 武田久子 -4 140
2 高須愛子 -3 141
3 金愛淑 -2 142
4 大場美智恵 -1 143
4 藤崎とし子 -1 143
4 高村博美 -1 143
4 コウ・ウスン -1 143
8 山岡明美 0 144
8 村口史子 0 144
8 城戸富貴 0 144

スコア詳細を見る

全体にスコアが伸びない。初日トップの53歳岡田美智子は大きく崩れて後退。やはり続かなかった。かわって33歳の武田久子が首位に上がってきた。武田は91年にプロ合格。野呂奈津子と同期になる。

「この8試合、よくなかった。頑張れるときに頑張っておかないといけない。今日はショットが良く、ピンに近く寄ってくれてのバーディパットばっかりだった」と武田。1ボギー、4バーディ。
いつまでも若さの勢いでプレーし続けることはできないと思うようになった。 「もうひとつ上のゴルフができるように考え方を少し変えた。いつもだったらつい雑になりがちなパットを、一つ一つていねいにやった結果だと思う」

ベテラン高須愛子は5バーディ、3ボギー。「疲れました。今季ショットはいいから、パットの善し悪しでスコアが決まっている。今日は雨でグリーンが止まりやすくてやりやすかった。あとはパット次第です」
最終日は「現状維持」が目標という。スコアが大きく伸びるとは見ていないし、何がなんでも勝とうとは思っていない。「チャンスがきたら頑張ります」

岡田とならんで初日トップだった金愛淑はインでスコアを乱し、結果イーブンパー。後退したとはいえまだ3位をキープして最終組に踏みとどまっている。ダイキンに続く今季2勝目が欲しいところだ。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには藤田美里選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。