GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子伊藤園レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

不動後退。中野が今季2勝目を目指す

1999/11/13 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 中野晶 -7 137
2 不動裕理 -5 139
3 コウ・ウスン -4 140
3 高村亜紀 -4 140
5 日吉久美子 -3 141
5 那須ミネコ -3 141
7 イ・ヨン・ミ -2 142
7 村口史子 -2 142
9 曽秀鳳 -1 143
9 米山みどり -1 143

スコア詳細を見る

プロ初勝利の期待がかかった不動裕理だったがアウトの終盤でボギー連発、スコアを5アンダーに伸ばすのが精一杯だった。一方中野晶は逆に7番から3連続バーディ。一気に伸ばして7アンダーの単独首位。今季2勝目を目指している。

中野晶は4バーディ、1ボギー。「1番で1ピンが入らず3番でもピン下に付いたのに入らず。今日もガマンの1日かなと覚悟していたのに7番のびっくりするようなバーディ(8メートル!)で弾みがついた感じ」

しかしびっくりするようなバーディがあれば、びっくりするようなミスもある。11番ではセカンドを完全なダフり。この日唯一のボギーにしてしまった。

しかしこのダフリで自分の力みが気がついた。「その後、良くなったような気がします」 明日のテーマも「力まないこと」と決めた。

不動裕理は4バーディを取ったがボギーも3つ。一時は中野に4打の差をつけられた。「でも風が強かったので、自分が耐えていれば首位に離されないだろうと思っていた」という。

師匠の清元プロ(元LPGA理事長)は優勝のことについては何も言わない。しかし「気合が足りない!」とは叱られるそうだ。不動自身としては気合を入れているつもりなのだが。「他の人に較べたらまだまだなのかな」と思うしかない。「明日は中野さんを見ていると落としそうにないし、優勝のことはあまり考えてません。でも伸ばさないとどんどん追い越されます。伸ばすつもりでやります。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。