GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

横尾など4人が並ぶ混戦模様になった

1998/10/09 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 伊澤利光 -5 139
1 今野康晴 -5 139
1 米山剛 -5 139
1 横尾要 -5 139
5 小山内護 -4 140
5 佐藤信人 -4 140
5 井田安則 -4 140
8 小達敏昭 -3 141
8 丸山茂樹 -3 141
10 友利勝良 -2 142

スコア詳細を見る

激しい戦いになった。伊沢利光が66と追い込む。今野康晴も67。米山剛も上がって来た。横尾要も70として首位へ。5アンダーで4人がならぶ大混戦となった。

伊沢利光はインでなんと5バーディ。「今週はティショットがフェアウェイに行っている。満足です。セミラフから打ったのは5回くらいかな」

米山剛は2番でイーグルを入れた。「左エッジからのチップインです。よく入ったという感じ。ここ2週間ほどショットはいいのにパットが入っていなかったんですが・・」 コーチにリズム、タイミングを見てもらっている。アドバイスが効いた。

横尾要は10番から連続バーディ、おまけに12番ではイーグル。しかし18番で1打を曲げて池。アプローチも寄らず入らず、4オン2パット。「最後がこんなんではぜんぜんダメです。こんなことやってるから、いつまでたっても勝てない。いつもと同じパターンです」

今野康晴は1ボギー。「チャンスが入らないのに、長いのが入った。チャンスは2~3回あったんですが」
グリップをクロスハンドに変えた。「たんなる気分転換です。今週はこのままやっていこうかな」


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?