GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子JCBクラシック仙台の最新ゴルフニュースをお届け

首位は水巻善典。西川哲が猛烈追い上げ!

順位 選手名 通算 合計
1 水巻善典 -8 134
2 西川哲 -7 135
2 小山内護 -7 135
2 井戸木鴻樹 -7 135
2 福沢孝秋 -7 135
6 高橋勝成 -6 136
6 丸山智弘 -6 136
6 芹澤信雄 -6 136
9 久保谷健一 -5 137
9 佐藤英之 -5 137

スコア詳細を見る

水巻善典が上がってきた。ボギーなしの5バーディ。「パターがすごくよかった。ただしショットはひどいです。1日中、肩に力が入って右も左もいくけど真っ直ぐだけは行かなかった」

日本プロの3日目、ジャンボ尾崎とプレーしているとき、ふと気がついた。同じようなミスが出るときは、いつも同じような気持ちになっている。「別にジャンボを見て気がついたというわけじゃないです」と弁解したが、要するに、それが分かった。おかげで「気持ちが前向きになった」という。

懐かしい選手が大爆発した。パー71のコース設定とはいえ、なんと9バーディ、2ボギーの64。当の西川哲も「びっくりしました。なんの前触れもなくパターが入りだした。出だしの10番で狙ったところに狙った強さでスッと真ん中から入った。そこから入る!という気がしだした・・」
結婚してからの西川はあまり冴えていない。「今年も予選会で失敗してしまって、推薦4試合、他で4試合しか出場できない。首・肩・背中が痛くてシードを取るとか優勝できるとかいう状態じゃないです」
出場の8試合はぜんぶ予選落ちの覚悟をしていたという。ここ数年、成績が悪いと「いい加減にやってると思われるんじゃないか」と気になった。気にしながらゴルフをしていた。しかし予選会で失敗して、完全に開き直った。「明日からも、無理しすぎてまで頑張ろうとは思っていません。それがいいことなのか、悪いことなのかはわかりませんけど」

井戸木鴻樹は4バーディ、1ボギー。「ショットはそこそこ。パットもけっこう外してしまっている。ゆっくり3アンダーという内容ですね」
このところパッティングが悪い。「山口治選手からワンポイント教えてもらってから良くなった。パターの向きを変えないようにということなんですが」 極端に言うとヒールから引いてヒールから出していくような感じの打ち方だという。試合でやるのは怖いが、思い切ってやってみたらショートパットがノーミスで入った。


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?