GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

首位入れ換え。金子柱憲が5アンダー首位。

順位 選手名 通算 合計
1 金子柱憲 -5 137
2 陳志忠 -3 139
2 高崎龍雄 -3 139
2 C.フランコ -3 139
2 横田真一 -3 139
6 高橋勝成 -2 140
6 横山明仁 -2 140
6 桑原将一 -2 140
6 尾崎健夫 -2 140
6 山本昭一 -2 140

スコア詳細を見る

前日絶好調だった日下部光隆は一気に後退。かわって首位に上がってきたのは69をマークした金子柱憲
金子柱憲はアウトコースはスコアカード通りのプレー。インは波風があり4バーディ、2ボギー。 「ふだんの川奈と逆の風が吹いている。川奈にしてはやさしいと思う」と言う。ただしショットはあまり好調とはいえず、結果的にパッティングで稼いだ。 「考えているスウィングができない。ふだんからティのアドバンテージでプレーしているからね。ま、曲がって、まとめるのには慣れているけど」

「先週はジャンボとまわって花道から寄せるイメージを勉強しました」という高崎竜雄はアウトコースで稼いだ。5バーディ、3ボギー。川奈はアプローチ練習場がしっかりしているから、重点的に練習しているのだとか。 「グリーンまわりが勝負です」
陳志忠の場合はショットを大事にしたゴルフ。 「芝目がきつくて難しいグリーンだから、ティショットを大事にした。フェアウェイをキープすることを心がけた」

尾崎健夫は2日目をイーブン。 「3人でまわったのは基本的に失敗だったんじゃないかな。最終日ならしょうがないけど、やりたくないね」 尾崎ブラザーズが同じ組という試みは、結果的にあまりよくなかったようだ。どうしても肉親としての「同情のような気持ち」が出てしまうらしい。といって置いていかれると腹が立つ。戦いにくいものらしい。


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?